スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOP

モネとドビュッシーと美術と音楽と。

2014.04.17 23:55|フランス

今年は20日のポスク(イースター)はスウェーデンにいないので、
家族で集まってポスクディナーや卵探しゲーム等もする予定がなく・・・
部屋にちょっぴりと季節感。
ポスクらしいパステルカラーのまるいランチョンマットを購入。10kr。
リニアにもらった、蓮のキャンドルホルダーにもぴったり合う色。

IMG_3681.jpg

蓮と言えばモネ
印象派を代表するフランスの画家。
光と色彩の変化を生涯にわたって追求した画家だったそうです。
そして、クロード・モネと生徒と呼ばれた音楽家、ドビュッシー
ドビュッシーモネと同じ印象派の作曲家で、水の表現に興味を持ち、
交響詩「海」「水の反映」等を作っています。

実は明日からとうとうパリに行くので、気持ちをワクワクさせながら、
色々なブログ等でパリ情報を探っています。そして6年前に訪れたときのことを思い出しています。

19才の頃、バイトで貯めたお金で友達と2人でフランスへ行き(隣国も含めて)3週間滞在していたパリ
毎日フランスパンを食べて、こめかみが痛くなった記憶・・・
夜中のJAZZを聴きに行って、12時過ぎのパリの夜道を全力で走って宿に帰った・・・
超節約旅行だったので、書き始めると第10話くらいまで書けるほどエピソードがありますが笑、
今思えばフランス語はもちろん、英語も到底できなかったけど、自分達でホテルとかホステルとか見つけて、
スーパーで食材買って自炊して、しっかり主要観光地は制覇して、めちゃくちゃ楽しかった。
今はカンボジア在住の親友と行けたのは本当にいい思い出。未だにネタにして笑うこともあります。

ドビュッシーラヴェル、プーランク、サティ、と、お洒落なクラシックが多いフランス
レストランや夜のバーのピアノ弾きのバイトでも、リクエストが多かったのはドビュッシー

6年前、パリ郊外にあるドビュッシーの生家に行き、彼が日本文化にめっちゃ興味を持っていたことを知り、
しかもそれはモネの日本趣味の影響だと知った。大学生の頃両立して授業をとっていた、音楽と美術。
どちらにもよくセットで登場してきたドビュッシーモネ。芸術概論とか美術史の授業とかで。。。
美術と音楽の違いを、2人の芸術家の名言や作品が教えてくれました。

でもフランスの作曲家で一番好きなのは、実は…ラヴェル・・・!
よくドビュッシーとラヴェルは印象派の音楽家として比べられるけど、
全音音階とかモード等の音階や和声・には共通点が多いけど、構成の仕方が全然違うと言われています。
ラヴェルは理論的に作っていて、ドビュッシーは自由奔放で耳で聴きながら、気持ちよければOK!
と作ったらしい。ラヴェルは職業作曲家、ドビュッシーは芸術家、というかんじ。。
そんな構成力の高いラヴェルが今の時代の音楽を聴いたら、一体どう感じるんやろ。。

今週は「アメリ」「ミッドナイト・イン・パリ」とフランスを舞台にした映画をチョイスして観て、
気分をあげてみました^^ 街並や建物も素敵だけど、
やっぱフレンチJAZZや布屋さんが楽しみ…♩
そしてパリ在住7年目のピアニスト、大学の頃のピアノの先生とも会う予定です◎

感謝!
RANKING_20131216220032f7e.jpg

スポンサーサイト

テーマ:北欧
ジャンル:海外情報

タグ:スウェーデン 北欧 フランス パリ ピアノ ドビュッシー ラヴェル モネ 留学

TOP

コメント

非公開コメント


10 | 2017/11 | 12
SUN Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Paper Swan (feat.Sayuri Hayashi, Klara Leanderson Andréas & Maria Dietrichson)


welcome.jpg RANKING_20131216220032f7e.jpg DIY.jpg instagram.jpg
新着記事

カテゴリ

LINK

検索



オススメ北欧BOOK

オススメ北欧MUSIC

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。