スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOP

和声理論

音楽理論の授業で。

DSCF4420.jpg
▲コードネームを使って和声分析します。好きな人はやってみよう!
 (答えは次週くらい)


スウェーデンでの和声分析の授業、全てコードネーム(C,G,F…)を使います!
ごくごくたまーに和音記号も(,,…)使うけど。
みんな和声感もってるのに、メロディー取るが苦手の様子。
例えば、ベーとーべんの交響曲を聴きながら、コード進行は答えれるのに、
バイオリンのソロを取りなさない、となると…全くわからないようで。

いわゆるドレミ・・・で答えれない子が多いようです。
絶対音感で全てドレミに聴こえてくる私としては、不思議です。
コード感があるのになぜ音が分からないのか、が分かりません。
私は聴こえてきた音を、和声に組み立てていく作業に時間かかるので、
コードで答えるまで、
むー・・・( ̄  ̄)。。。と時間がかかります。
もちろんどちらもできる方は大勢いらっしゃるのでしょうが。
しかし、やはり日本の音楽教育はしっかり固定ドやなあ。


「どれみふぁそーらふぁ、みっれっどー♪」
ってYAMAHAのCMでも歌っているし。

スウェーデンの学生たちを見て、これが移動ド唱法か!
と思いました。

がんがん、転調カモン!!

て感じで。
ただ、果たして移動ドが固定ドより良いかどうかというのは謎です。
日本の音楽指導要領では、移動ド!移動ド!と推しているけれど。
(大学の卒論で友人が研究していました。)
スウェーデンにいながら、そのへんも観察してみたいと思います。


簡単和声学については、また今度。
というか「サルでも分かる●●!シリーズ」に噛み砕かないと
脳みそに入ってこないわたし…(-ω-;)
近々自分の勉強のためにコード分析の記事書こう。
まだまだコードが苦手です。

というわけで宿題プリント忘れていたので、慌ててやります!(゚д゚)
も~いいやピアノ使っちゃえ。
DSCF4418.jpg

ほんとはピアノ使わないでやった方が勉強になるんだが。
(頭で和音を組み立てて響かせる練習になる)


Tack så mycket!!
ランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます!
▼読み終えたらツツネコちゃん1クリックずつお願いします♪
CLICK PLEASE!
(留学ブログ)
CLICK PLEASE!
(スウェーデンブログ)
スポンサーサイト

テーマ:音楽
ジャンル:音楽

TOP

コメント

Re: あ~

古楽専門だとは初耳です!
高校生の頃、弦楽部だったんですが(実は、一応バイオリンで一応部長でした。笑)テレマンやヘンデルやりました、懐かしいなあ。バッハは平均律を毎回やっています!グレゴリオ聖歌など(古すぎですね)も聴くのは好きで、古い方がすっと入ってくる気がします。
って、音楽の発端だから当然ですかね。
日本の音大生の70%が絶対音感持っているそうです!びっくり。

あ~

言ってなかったっけ?
もぐら,一番の専門(笑)は古楽だよ~ん♪
今週末の某学会の懇親会で,バッハとテレマンをやりますが,これはモダンピッチ.
けどもぐらの楽器が a=440Hz なので,それに合わせて練習してると,みんな気持ち悪いみたい(爆)

Re: もぐら 先生

先生、相対音感なんですね、羨ましい!!
本当はソなのに、ドで歌っているのが気持ち悪くて…(-ω-;)
特にジャズやポップスなんかは、相対音感の方が役立ちますよね。
相対音感、これから身につけていきたいなと思っています。

日本で小さい頃からピアノを習っている方は、固定ドが多いと思います。スウェーデンに来る前に、特別に移動ドが備わっている人は私は見かけたことありませんでした!
先日聴音の授業で、昔のレコードの旋律を聴きとらなければならなかったんですが、実際のピアノとのピッチが半音も違っていたので、全て半音下げてとっていたら、先生に不思議な顔をされました。
(G durで♯1つの曲を、G♭dur ♭6こに書き直してたので)

古楽器もいけるなんて!!!
私は和楽器のピッチがだんだん下がってくるのも、ちょっと気になっちゃいます…いけない。(=_=)

相対音感

> スウェーデンの学生たちを見て、これが移動ド唱法か!
> と思いました。
>
> がんがん、転調カモン!!
>
>て感じで。

もぐら,相対音感です.
移動ド,でしょう.
転調しても,いつでもドレミファです.
さっきまでのラがドになっても,周囲の和音が変わっていれば,
アカペラのミサ曲でもだいじょぶです(^_^)v
そういう人って,少ないの?
だから,
アカペラでさぁ,曲の進行の伴って音程が下がってきてもだいじょぶだよ(笑)
あ,
古楽器も「ドンドン来い」ってかんじ.
415でも430でも392でも,だいじょ~ぶ.

Re: 音感

和声分析が週1、聴音(ear traning)が週2であります。
授業スウェーデン語ですが、唯一聴音は分かるので笑、楽しいです。
大学は音楽専攻じゃないんですね!一般留学の他に自らバイオリンを
習ってるなんて絶対大変ですよね…。え、えらい。。
ほんとに自分の勉強用ノートまとめ的に書こうと思います。
コード間違えまくってるので。。(-ω-;)

音感

絶対音感の無い私…『この音がド!』って歌える人が
羨ましくて羨ましくてなりません笑
しかも周りにかなりの人数が絶対音感を持っているので、
さらに悔しくなります(´A`。)

和声分析とか…きゃー凄い!!!
趣味でレッスン通ってるだけだと、こういう授業が面白そうで。。。
普通の大学でも、入門編くらいでいいから
音楽の授業があればなーっていつも思います。

和声学等、音楽系の記事、
時間があれば是非書いて欲しいです!!(*´∀`*)
非公開コメント


05 | 2017/06 | 07
SUN Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Paper Swan (feat.Sayuri Hayashi, Klara Leanderson Andréas & Maria Dietrichson)


welcome.jpg RANKING_20131216220032f7e.jpg DIY.jpg instagram.jpg
新着記事

カテゴリ

LINK

検索



オススメ北欧BOOK

オススメ北欧MUSIC

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。