スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOP

コメディ演劇を見に行く!@Södra Teatern

2013.11.22 23:32|ミュージカル・演劇

こんにちは!
昨夜
The Boy with Tape on His Faceのパフォーマンスを観に、
 Södra Teatern (セーデルテアーテン・劇場)行ってきました◎^^

storascen.jpg 

スウェーデン語で「Teatern (テアーテン)」とは、演劇・シアター
ストックホルムには至る所にいくつも劇場があり、演劇が身近に行われています。
誰でも気軽に入れるプライス!映画を観る感覚で楽しめます◎
音楽を使った、ミュージカル・音楽劇風、いわゆるオペレッタ的なものから
コンサートやライブ、サーカス等のパフォーマンスがあります。

さて、仕事を終えたー!あと一日頑張れば3連休♡と木曜日、早めに帰宅していると…
「劇場のシート予約してたの、今夜だった!早めに帰るようにする!」と彼から電話。
なんのこっちゃ。
シアターPEROで俳優をしてるウッフェがチケットを購入してくれており、
どんな劇か何も知らず、急きょ初めて、セーデルマルムにある劇場へ!
 

いやーーーー、もう隠しきれないので吐き出してしまいますが、
ほんっっとに面白かったです。
声出して笑って、70分間笑いすぎて久しぶりに涙出てしまいました。

THE_BOY_WITH_TAPE_ON_HIS_FACE_4072D-1024x681.jpg

あのテンポと、キャラクターと、チープ感と効果音と、もう何から何まで完璧!
観客を巻き込んで完成するパフォーマンスなので、いちいち舞台から降りて来て
指名され連れてかれ、舞台上で何も知らない人たちが、何かされる!
観客は、いつ自分が連れてかれるかドキドキ・・・!!
舞台上で何が起こるのか全く予想できず、ドキドキ・・・・!
音楽に完璧に合った計算された動き、70分間、あとあと考えればすごい。
こういう笑いは大好きだなと思いました◎日本人ウケも絶対いいはず!

「口にテープを貼った男」というだけに、もちろん一言も喋らない!
すべて動きと、目!!!そう、アイコンタクト力が半端ない!!
ブラックジョークや皮肉った(私の苦手な)笑いがなく、言葉の壁もないので、
世界で通用するツボを押さえてるな〜・・・と思いました。
もともとはロンドンでストリートパフォーマンスをやっていたそう。それが今や世界中、
たったひとりで歴史ある劇場の舞台で、靴下やメジャーやピンポン玉やらつかって、
こんだけのお客さん笑わせてるんだからすごい。。。笑

youtube等にも動画があるので、気になる方は是非チェックしてみてください◎
ライブはもう秒刻みで、小ネタ盛りだくさんで、もっと面白かったです♩


劇のあとに、皆で徒歩3分、近くの「ゴンドレン」へ。
ストックホルムの夜景が見渡せる高いところにあるレストラン&バーです◎
1454883_746863708662176_1543769498_n.jpg 943017_746863735328840_2027326001_n.jpg
次の日は早いので、ノンアルコールのドリンク。
ストロベリー・マンゴー・グレープフルーツの、なんとか。
たった50krでちょっぴり贅沢な夜を楽しめることができました♥

感謝!
2つランキングに参加しています。ぽちっとお願いします♩^^↓
ランキングボタン
   Peppar!2.jpg

スポンサーサイト

テーマ:北欧
ジャンル:海外情報

タグ:スウェーデン ストックホルム シアター The Boy with Tape on His Face

TOP

コメント

非公開コメント


10 | 2017/11 | 12
SUN Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Paper Swan (feat.Sayuri Hayashi, Klara Leanderson Andréas & Maria Dietrichson)


welcome.jpg RANKING_20131216220032f7e.jpg DIY.jpg instagram.jpg
新着記事

カテゴリ

LINK

検索



オススメ北欧BOOK

オススメ北欧MUSIC

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。