スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOP

スウェーデン小学校のコンペティション?

2013.10.03 06:05|教育・子ども
◎お知らせ◎
8月以降に頂いたオーダーのお仕立てを少しづつ再開しています。
今月ご注文頂いたお届けは、11月以降(今年中目安)の発送となります。
オーダーはいつでも受け付けておりますので、お問い合わせくださいませ◎

こんにちは!
先日、カンボジアにいる大事な友達と夜3時間話しました。
5時間差なのであちらは夜遅くだったみたい!時差があるので大変です。

国は違えど異国で、同じ時期に「音楽の先生」として働くことになった私達。
今年の春まで小学校音楽教師として働いていた彼女に、日本の音楽授業について、
日本の音楽教材や生徒について等、色々と・・・アイディアをもらいました。
ちょーーー久しぶりに、マジメな音楽の話ばかりで3時間が過ぎました。笑

ということで、久しぶりに最近の仕事の話をチラリ。

来週、クラスの担任と生徒の親との2者面談(?)
"Utvecklingssamtalというものがあります。授業の様子やこれまでの評価、
残り今学期、どの目標に向かって、個人がもつ問題などを生徒の親と話すそう。
私は担任ではないですが、0〜9年生、全15クラスの音楽をもっているので、
ざっと数えて・・・約300人。。。の中間成績をつけなければなりません(00)
来週までに…!?スウェーデン語で…!!??
とんでもない量なので今すぐ始めないといけないのに、
次の授業のプランニングもあり、なんだか現実を見れない私です。

昨日、デスクが近い中国出身の先生も、技術・化学・生物を教えているから、
300個以上の成績表づくり!+ しかも担任なので親との面談資料がある!
と一緒にヤバい!間に合わない!と焦って、去年の成績の付け方などのコピーしながら、
昨日は久しぶりに16時半まで残って仕事をしました。
(たいてい15時から帰宅時間なので…)

最後に残っていた私、中国人の先生Y、アメリカ人の先生Hと一緒に地下鉄で帰宅。
Y先生もH先生も、スウェーデンに来てまだ3年以内、この学校での仕事は2年目。
アメリカ出身の先生がスウェーデンの小学校に来て最初びっくりした話をし始めて、
心の中で一人つっこんでいたことが誰かと共感でき、嬉しかった!
同じ感覚の人がいてよかったー

例えば、先週ミニマラソン大会があったんですが、順位はつけないで、
走り終えた人から終了、早めの子がメダルをもらえるーという感じ。
そもそも、今日マラソンの格好をしてきてないから走れないーという女子続出。
テストも良い成績じゃなかったら、何度ももう一度受けさせてーと来るし。
そして生徒がそうしたければ、良い成績になるまで何度でも受けさせてあげる。
成績も学期末に先生が勝手につけるのではなく、生徒に中間成績を見せて、
英語はもう少しいい成績が欲しいな〜、音楽は最低の成績でいいや〜、
と思ったらそれ以上頑張らなくてOK、という自己責任な感じ。

アメリカ出身Hが、「コンペティション」って言葉はこの国では違う意味になるわね。と。
中国は、成績によって進級できないこともあり、4回5年生をすることもできるそう。
気づけばちょうど私達3人、アメリカ・中国・日本。出身。
世界でもトップに入るであろう先進国出身としては、
コンペティションや順位付けがある教育の中に自然と育ってきているので、
やはりそういう節々に感じるぬるさが、ときどき腑に落ちないのは同じよう。
あとはもちろん個人差はありますが、日本人の子供と比べると、
ひとりひとりの主張が強く、これがやりたい、これはやりたくない、と
ハッキリしています。特に、「この子が弾いてるからこれは使いたくない」
「(隣の子を見て)僕はみんなと違うことがやりたい」と授業中に言ってくる。。
先生がこうしましょう、と言ってても関係ないようです。

日本だったら、逆に「あの子が持ってるから欲しい」
「(隣の子を見て)僕も同じことをやらなくちゃ」と思う子が多いはず。
根本的にスペシャリティが強いというか、良く言えば個性・自由が育まれています。
しかし、協調性・我慢強さ・礼儀正しさの教育は、日本人の子が天下一品ですね。

あっと気づけばもう10月!
1ヶ月半、音楽の授業をしたわけですが・・・

スウェーデンの子供達、てごわい!

というのが本音。笑
スウェーデン語・英語の辞書で、言葉を確認して授業計画しつつも、
授業になるとそれどころではなく、毎度問題を起こす男子を叱っている気がします…
とりあえず、喉つぶさないように・・・楽しく頑張りたいと思います◎
0年生(5,6歳)〜9年生(15,16歳)によって授業の組み方も全然違うので、
授業やスウェーデン音楽の教材なんかについても書こうと思います。

感謝!

2つランキングに参加しています。ぽちっとお願いします♩^^↓
ランキングボタン
   Peppar!2.jpg

スポンサーサイト

テーマ:北欧
ジャンル:海外情報

TOP

コメント

非公開コメント


07 | 2017/08 | 09
SUN Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Paper Swan (feat.Sayuri Hayashi, Klara Leanderson Andréas & Maria Dietrichson)


welcome.jpg RANKING_20131216220032f7e.jpg DIY.jpg instagram.jpg
新着記事

カテゴリ

LINK

検索



オススメ北欧BOOK

オススメ北欧MUSIC

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。