スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOP

ノルウェー雑貨、オスロ市庁舎、現代美術館のお散歩コース!


こんにちは!
さて今回でノルウェーオスロ 
日帰り旅もラストです!
これまでのオスロ記事はコチラ♩

「ノルウェー日帰り旅・麻薬捜査犬に見つめられる日」
「オスロの表参道・可愛いカフェとアダルトショップ」
「ムンクの叫びが消えた日」

illust-happydays-8.jpg

さて、目的のムンクの叫びを後にし、次はオスロ市庁舎へ向かいます★
中央駅から国立美術館、市庁舎、その後行く現代美術館など、全て十分
徒歩圏内で行ける距離です。でも、街中はトラムやバスも走っています。

DSC01338_20130321202316.jpg 

オスロのトラム。スウェーデンと比べると特大サイズ!
雪が舞ってきましたが、旅行で来ているときのこの無敵な気分はなんでしょう。
何もかもが新鮮で、面白いものを探すため、いつもより俊敏な動きになります。笑

 DSC01421.jpg  

スウェーデンのファッションブランド「KappAhi」を発見!
オスロの建物もスウェーデンと同様、古き良きヨーロッパの建物が使われています。

こちらフラリと入った本屋さんの一角、本を自由に読めるスペース。
店内全体もだけれど、これでもか!ってほどビビットな
ビタミンカラーの使い方が、店内を明るくしています。鮮やか★

DSC01318.jpg
 

特に外がどんよりとしていぶん、店内に入ると、「パぁぁ!」と明るい気分に。
こちらはヨーロッパ最大の家具ショップといわれる「vitra.」

DSC01345.jpg 

一階にはハイセンスなデザイン雑貨が並んでいました。

DSC01340_20130319002719.jpg

この猫のクッション。。。欲しい。

DSC01342.jpg
 

次に発見したのは「Norway Designs」★
ノルウェー北欧のデザインを中心にいろんな雑貨やインテリア店が入っている
小さなデパート。この辺はデザインショップがいっぱいあります。

DSC01361_20130323232654.jpg DSC01355.jpg 
住所:Stortingsgatan 28 (平日9:00〜17:00 土日10:00〜15:00)

子供のためのノルウェー語のアルファベット表。

DSC01349.jpg
 


Æ  Ø  Å が、ノルウェー語。発音が分からない…。
地下に進むと、「ペーパーショップ」がありました★
生地を買うように、m単位で様々なデザインの「紙」を購入できます。

DSC01350.jpg 

セルフサービスでカットするみたい。
こういうとこスウェーデンと同じく、北欧らしい★

DSC01351.jpg
 

紙でいろんなオシャレ雑貨が作れるんやなーと参考になりました。

DSC01353.jpg
 

続いて「RIKTIGE LEKER」(本物のおもちゃ屋さん)を発見。
ディスプレイが可愛かったので入ってみました。広い!!


DSC01374.jpg

可愛い赤ちゃんグッズやおもちゃがたくさん。

DSC01370.jpg 

どこを見渡しても、カラーやデザインが、
自分では絶対に思いつかないものばかり。可愛いー

DSC01373.jpg 

おもちゃのキッチンも鮮やかです。
ここから、オーブンの使い方を学ぶんですね〜
さて、地図を見るとこのへんに「オスロ市庁舎」があるそうです。
地球の歩き方を見るところによると、見どころらしいので、
美術館に向かうルートにあるので、寄り道することに!

DSC01378.jpg

海沿いの道を歩きます。奥に見える建物は、歴史博物館。
オスロ湾に面する市庁舎前の広場周辺は、憩いの場だそうで様々な像があり、
散歩をしている人や座っている人がいました。寒いのに〜!
夏はここから船が発着するそうで、気持ちいいんだろうなーと想像できます★

DSC01381.jpg
 
▲オスロ湾の海沿いを歩く。道に突然現れた、しゃけ?


オスロ市庁舎 Oslo City Hall (Oslo Radhus) に到着!

DSC01383_20130319003056.jpg 
住所:Fridtjof Nansens piass (年中無休毎日9:00〜18:00)英語のガイドもあるそうです。

ノーベル賞授賞式は、スウェーデン・ストックホルムのガムラスタンで
行われていますが、毎年12月10日「ノーベル平和賞」はこのオスロ市庁舎で
行われています。見学は無料。警備の人もおらず、だれでも入れます。

おそるおそる小さな入り口に一歩足を踏み入れると・・・、
広々としたエントランスホール!

DSC01384.jpg
DSC01389.jpg 

壁に広がる絵は、ヨーロッパ最大ともいわれる巨大な「油絵」。
なんと24×12.6mもあります、だそうです!
と、地球の歩き方を読みながら相方に説明。
一方、
こんなとこに毎日通勤している人がいるなんてすごいねぇ、と冷静なハンネス。

2階には、ムンクの作品も飾ってあり、そちらも無料で閲覧できるそうです。
私たちは、現代美術館へ向かうため、そそくさと退場!

DSC01401.jpg
住所:Bankplassen4 (月曜日休み・平日11:00〜17:00 土日12:00〜17:00)

現代美術館までもブラブラ徒歩で行くと、気づけば16時!
閉館時間は17時。良かった〜。入場料は学生30kr、大人50kr。無料コインロッカー★
20世紀のノルウェー中心とした現代美術作品が展示されてるそう。
今回期間中だったのは、
PARADOKSという展示でした。

新しい芸術手法として「映像」を使ったアートが生まれた頃の作品展示。
スクリーンがあったり、巨大テレビがったりと、動いている作品ばかりで、
モニターを通しての作品でした。そのまま意味を読み取ろうとすると難解ですが、
頭を空っぽにして見ると面白かったです★

この2年間でハンネスとスウェーデン、デンマーク、東京、ノルウェーの現代美術館に足を運びましたが、東京で見た「音楽とアート」の作品が一番印象的だったそう。

現代美術館に行くと、これなんだろう?なんでこんなことになっちゃったんだろう?
ばかりで不思議の国アリスのような世界ですが笑、
人によって見え方や感じ方が違うところが、歴史的美術作品より好きです。

私が「目」だと思っていた物が、相手は「レモン」に見えていたことで、
なんでだよ、どうみても目でしょ、なんでレモンなんじゃ、と話していると
「はっ・・・コレが、現代美術家の目指していたところか!?」(多分違う)
と思ったりします笑。

絶対におすすめ!なノルウェーのオシャレな100均ショップ風のお店を
紹介できませんでしたが、また時間のあるときに書きたいと思います★
夜のバスで無事スウェーデンに帰りました^^
ノルウェー、夏の季節にまたいつか行けたらいいなと思います!
次回こそは必ずムンクの叫びが見れますように♩

感謝!

↓  北欧スウェーデンのブログランキングに参加しています。
ボタンを1日1回クリックして頂けると今後の励みになります♪
  ランキングボタン      Peppar!2.jpg

スポンサーサイト

テーマ:北欧
ジャンル:海外情報

タグ:ノルウェー オスロ ムンクの叫び オスロ国立美術館 北欧 旅行 スウェーデン

TOP

コメント

非公開コメント


07 | 2017/08 | 09
SUN Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Paper Swan (feat.Sayuri Hayashi, Klara Leanderson Andréas & Maria Dietrichson)


welcome.jpg RANKING_20131216220032f7e.jpg DIY.jpg instagram.jpg
新着記事

カテゴリ

LINK

検索



オススメ北欧BOOK

オススメ北欧MUSIC

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。