スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOP

ノルウェー日帰りの旅★麻薬検査犬に見つめられる日


こんにちは!
先日、ノルウェーオスロへ日帰りで行ってきました★

誕生日だったので、去年まで二人とも住んでたスコーネ地方に行って友人に会い、
デンマーク・コペンハーゲンから1時間ほどのルイジアナ美術館(思い出の場所)に行こう!
と言っていたのですが・・・「むしろオスロの方が近いんじゃない?」ということで
前夜に調べてみたところ・・・

スウェーデンの西・ヨーテボリから高速バスで3時間半。
2人往復でなんと・・・「156kr」(約2300円)ということで!

前夜22時に、きゅうきょ決定★

illust-happydays-8.jpg

朝、ヨーテボリ中央駅バス乗り場9時出発、12:30頃にオスロ中央駅に到着★
行きは空席もあり、けっこうスカスカ、帰りは満席でした。
若者半分くらい、子供連れの家族やけっこーなお年寄りの方まで高速バス愛用しているようです。

国が違うし何かあったときのために一応IDを持って行った方がいいよ、と言われ
パスポートとスウェーデンの免許証を持って行きました!
電車でスウェーデンからデンマークに行くときは、なんのチェックもされたことがないのですが、
ノルウェーに行くときは途中で検査がありました!

バスがトンネルに入って行き、急に停止。
うとうとしていたところを彼に起こされる私。
すると突然黒くてめっちゃスタイルのいい麻薬検査犬が通路を通って行く。
大きな犬が苦手なので、ちょっとビビる。

一番後ろに座っていたいかにも北欧人という顔つきの人のところで留まる。
北欧人のお兄さんが検査官の人に連れられ、バスを降りて行く。ちょっとビビる。
通路越しに座っている子供をじっと見つめて、そのあとに、
通路越しに座っている彼を通り越して、窓際に座っている
私をじっと見つめる。
こ、こわい・・・。
悪いもんなんて、何も持ってないよ。

3秒ほどみつめられた後、スタスターっとバスを降りて行く。ほっ。
そのあと、検査菅のお兄さんが前の席から順番に何か質問している。
IDが必要なのかな?とパスポートと免許証を準備。
どんどん近づいてくる。
「あなたはスウェーデン人?ID?」とか、「ノルウェー人なの?荷物はこれだけ?」とか聞こえてくる。

ちなみに、ノルウェー語はスウェーデン語を東北なまりにした感じで、とっても似ています。
ノルウェー人はスウェーデン語をほぼ完璧に理解していて、話せる人もいる。
スウェーデン人はノルウェー語が80%くらい分かるけど、話す人はあまりいないよう。
お互い理解し合っているので、仕事も成立しているみたいです。
デンマーク語もそんな感じで、とっても似ているけど訛ったスウェーデン語に聞こえます。
私からしたら、ノルウェー語もデンマーク語も、ぜんっぜん分からん。
全体的に聞いて、ふわっとこういう意味かな?と推測できるくらいでした。

さ、検査官のお兄さんが近づいてきます。
アジア人見当たらないし、日本人って言ったら何しに来たんだ?とか色々質問されるかも、
と緊張気味で、「どこの国の人?」と聞かれ「スウェーデン人」「日本人」と答える。
彼の方をみて「二人で?」と聞き、はいと答えると、OKーとさっさと後ろの席へ。
私達、全然危ない人に見えなかったらしい・・・パスポートも出しそびれ終了。

そのあと、後ろの列まで終わったらお兄さんが運転席まで戻り、
「なんチャラカンチャラ〜!」と言っている。やっぱりノルウェー語、分からない!
するとみんながざっと立ち上がり、コートを着て荷物など降りる準備。
彼に訳してもらったところ、荷物検査するらしい。
なんかあったのこのバス!と不安になりつつ、二人でモタモタしていると、気づけばバスに最後!
みんな、はやい!窓をみると、なんか荷物を置いてこっち向きに並んでいる。
すると先ほどのお兄さんがやってきて、
「大きい荷物はもってる?」と聞かれ、日帰りのため手荷物だけだった私たち。
ノーと答えると、「じゃあいいよ、バスの中で待っていなさい。」と言われる。
完全に信用してもらっている私たち。笑

そんなこんなで15分ほどの検査を終え、最初に連れてかれた北欧人のお兄さんも無事戻ってきて、
(何があったのか推測でごにょごにょ話す私たち。笑)
バスは再度走り出し、無事ノルウェーに到着しました!

2年前にあったテロ事件もあり、検査が厳しくなっているみたいです。


DSC01286.jpg

オスロ中央駅内。スウェーデンの駅ととても似ていますが、
微妙に違うノルウェー語の看板、見たことのないコンビニ等、わくわく。


DSC01284.jpg
石像のイスや木のアートなど、空間の作り方にこだわりがある感じが伝わってきます。
駅についたらまず、両替!ノルウェー・クローナというお金に変えます。

DSC01285_20130319001742.jpg

 世界一物価が高いと言われるノルウェー。
ノルウェー1KR(クローネ)=16.4円 (3月19日現在) です。

手持ちの「スウェーデン・250kr」を両替して、「ノルウェー・163kr」になりました。
日本円に暗算してみると、手数料だけで900円くらい取られてしまいました。
序盤から、物価の高さを身に染みて感じる私たち。

そんなこともあろうと、朝早めに家を出て、スウェーデンの駅のスーパーで、
飲み物やお昼ごはん、果物、お菓子を多めに買っておきました!よかったー。


DSC01291.jpg

駅内にもお寿司屋さん。SUSHIはノルウェーでも人気みたいです。
(それより、お寿司屋さん内の木のアートがオシャレ♩)

外に出ると、ちらちらと雪が降っていました。
やっぱりノルウェーの方が寒いのか!!

DSC01296.jpg

階段を上ったところがオスロ中央駅です。
雪の上を歩いている、大きなが・・・?

 DSC01294.jpg 

都市はかつてとても寒く、危険な都市であったために
1870年代に
ビョルンスティエルネ・ビョルンソンによって
の都市」(
Tigerstaden)と渾名されたそうです。


さて今回はオスロに着くまで終了となってしまいました。笑
次回、オスロの美術館や見つけた可愛いお店、
お散歩コースなどについて書きたいと思います★

感謝!

↓  北欧スウェーデンのブログランキングに参加しています。
ボタンを1日1回クリックして頂けると今後の励みになります♪
  ランキングボタン      Peppar!2.jpg

スポンサーサイト

タグ:スウェーデン ノルウェー オスロ 北欧 旅行 麻薬検査犬

TOP

コメント

非公開コメント


07 | 2017/08 | 09
SUN Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Paper Swan (feat.Sayuri Hayashi, Klara Leanderson Andréas & Maria Dietrichson)


welcome.jpg RANKING_20131216220032f7e.jpg DIY.jpg instagram.jpg
新着記事

カテゴリ

LINK

検索



オススメ北欧BOOK

オススメ北欧MUSIC

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。