スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOP

おばけのラーバン、子供劇場へ

2013.01.09 20:28|ミュージカル・演劇

先日、知人を観に、皆でストックホルムの小さな劇場を訪れました。
女の子

セーデルマルムヨーテガータンの「Boulevardteatern」という劇場です。
子供向けのシアターが多く、エントランスも可愛い!
http://www.boulevardteatern.se/



LILLA SPOKET LABAN(リッラ すぱあーけっと ラーバン)=小さなお化けのラーバン
という、絵本をもとにした子供向けの演劇でした。3歳から入場OK★
俳優業の知人は、お化けのラーバンのパパ役です。

labara.jpg


日曜の午前中ですが、可愛い子供達とパパママで席はいっぱい!
満席だったため特別に、音響さんたちの席の横の方に座ってみました。
子供向けなので、私にも理解できるシンプルなスウェーデン語♡

labana2.jpg

スウェーデンの子供達。上映中に、
「Lycka till Laban! (がんばれー)」とか「NEEJ!! (そっちじゃなーい!)」等、合いの手が上手。
音楽が鳴りだすと、席を立ってノリノリで踊っている子がいたりして、楽しかったです。
そしてそれを止めない両親や、笑顔で見つめる関係者にも、なんだかほんわかしました。笑


ラーバン



さてここで・・・
Laban(おばけのラーバン)について!

スウェーデンの作家、インゲル&ラッセ・サンドべリ(ご夫婦!)
によって描かれる、おばけ家族の絵本のキャラクター。
ラーバンはとても怖がりだけど優しい、おばけの子供。
ラーバンの家族の心温まる絵本シリーズは日本でも愛されています♡

インゲルとラッセ・サンドベリ

1960年始めからインゲルとラッセ・サンドベリさんは、スウェーデンの世界児童文学界における中心的存在で、最優秀児童文学賞と称されるElsa Beskow賞を始め、アメリカ児童文学協会最優秀賞など数多くの賞を受賞しています。物語を創造するインゲルさんは中学校の教師、ユニークなタッチで描画をするラッセルさんは新聞カメラマン!だそう。

スウェーデンで、二足のわらじは当たり前。
だからこそ生まれる、新しい文化や創造力に期待できる気がする。
ラーバン、気になった人は本屋さんでチェックしてみてください♩


おばけのラーバン (世界のほんやくえほん (11))おばけのラーバン (世界のほんやくえほん (11))
(1978/09)
インゲル・サンドベルイ

商品詳細を見る
感謝!


↓  北欧スウェーデンのブログランキングに参加しています。
下のボタンを1日1回クリックして頂けると励みになります♪
    ランキングボタン     Peppar!2.jpg


スポンサーサイト

テーマ:北欧
ジャンル:海外情報

タグ:スウェーデン ストックホルム セーデルマルム ヨーテガータン 音楽 シアター 演劇 北欧 お化けのラーバン

TOP

コメント

非公開コメント


10 | 2017/11 | 12
SUN Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Paper Swan (feat.Sayuri Hayashi, Klara Leanderson Andréas & Maria Dietrichson)


welcome.jpg RANKING_20131216220032f7e.jpg DIY.jpg instagram.jpg
新着記事

カテゴリ

LINK

検索



オススメ北欧BOOK

オススメ北欧MUSIC

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。