スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOP

かぼちゃとエコとストックホルム

2012.10.29 22:58|カフェ・レストラン

スウェーデンのカフェにも、かぼちゃ。

aasd.jpg 
ストックホルムハンマルビーショースタッドの「Spoon」というカフェです。
何度か紹介している、ハンマルビーショースタッドは、近代的エコビレッジと言われるエリア。
ストックホルム中央駅から地下鉄で20分くらいのところですが、日本人観光者には穴場のようです。
ハンネスの実家がここから近いので、帰りに車で寄って、何度かぐるりと散歩しました。

エコエコ、と有名になっていますが、実際にきたら、ふつーに人が生活しているので、
エコらしいものを発見するのはなかなか難しいです。笑
でも、オーガニックカフェや赤ちゃんのお店が多いような気がします。

DSC0930.jpg 
スタイリッシュな店内。
ハンネスおすすめの、ボリューミーなシナモンロールです。
寒い日だったので、特に美味しかったです。(このために連れてきてくれた)

写真右にちょっとうつっているのは、赤ちゃん連れのパパ。
ベビーカーを連れるかたわら、マックを開いて何か作業している様子でした。
育休中のお仕事かな、パパ、かっこよすぎる!

最近気づいたことですが、スウェーデンのカフェ、天井が高いです。

DSC09310.jpg 

薄暗くなるとろうそくを大量に使い、間接照明も多いので心地良いです。
居酒屋がないので、夜になるとカフェにもちょっと大人な雰囲気が流れます。

DSC09182_20121029215203.jpg
ハンマルビーは、広いエリア内の地下全体にドームのようなスペースがあり、
長くて太いパイプが通っています。(一カ所、地下の内装が見えるガラス貼りの上に立てるとこがあります。)
普段の暮らしが「エコ」になるために設計されているそう。この木の下にも、ひろーい地下が・・・。

ハンマルビーショースタッドはお家賃もかなり高いのですが、人気すぎて空きがないそうです。
大豪邸でもなく、一軒家でもないけれど、持続可能に設計されているというブランド。
未来の地球を考えたライフスタイルを送っている自分をステータスにする。
高価なものを身につけるんじゃなく、環境に良い方を選ぶことがブランドになる。
やっぱりもう一度スウェーデンに住みたいと思う理由は、そこにもある気がします。

DSC09311.jpg 

スウェーデンでの物件探しは究極に難しく、1000人近くの学生がアパートに困って
学校を辞退してしまうとか。(ヨーテボリ情報)

私のようなバカでもわかる美味しいビジネスが目の前にあるというのに、
それでも、新しいアパートやマンションは、建てない。
環境先進国と言われる理由、友人達のエコ意識の高さと生活から、節々で感じることができました。
日本でも広がりつつあるけどまだ弱い価値観が、少しでも広がればと願う今日でした。



↓  北欧スウェーデンのブログランキングに参加しています。
下のボタンを1日1回クリックして頂けると励みになります♪
スポンサーサイト

テーマ:北欧
ジャンル:海外情報

タグ:スウェーデン 北欧 留学 ストックホルム ハンマルビー エコビレッジ 環境

TOP

コメント

非公開コメント


03 | 2017/04 | 05
SUN Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Paper Swan (feat.Sayuri Hayashi, Klara Leanderson Andréas & Maria Dietrichson)


welcome.jpg RANKING_20131216220032f7e.jpg DIY.jpg instagram.jpg
新着記事

カテゴリ

LINK

検索



オススメ北欧BOOK

オススメ北欧MUSIC

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。