スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOP

ONO YOKO展へ



【 現代美術館(オノヨーコ展)に行ってきました。 】

"Yoko Ono Grapefruit Exhibition"
DSC06438.jpg

▲ストックホルム、シェップスホルメン島にある現代美術館へ行ってきました。


現在ストックホルム現代美術館では、「Yoko Ono Grapefruit Exhibition」を開催中。
先日6月6日からオープンされたため、オノヨーコさんご本人もストックホルムを訪れていたそうです!!
森を散歩した様子などが記事に載っていました。オープン当日に行けたら拝見できたかもしれないのに~!

DSC06388.jpg
オノヨーコさんは、世界で最も有名な日本人女性。と言われていますが、
「ジョンレノンさんと結婚した日本人女性」という知識しか知らなかった私。お恥ずかしい…
もともとオノヨーコさんが現代アーティストだったとは、スウェーデンに来る前知りませんでした。

DSC06404.jpg 
▲展示と展示のあいだにあるスペースにあるアート。


私が音楽をしている関係もあり、バンド解散がどうのこうのとなると「わぉ、オノヨーコだね!」とか、
国際カップルの話になると「オノヨーコとジョンレノンだね!」とかなんとか、
そんなことを冗談で何度か言われることがあったので、
気になって去年、オノヨーコさんとジョンレノンさんのドキュメンタリーを見てみました。
金スマのクリスマススペシャル、とかでしたが。。2人の世界平和に対する活動と、愛に号泣でした。

DSC06406.jpg 
▲美術館内ショップ。ここだけで半日費やしたかった…!世界の新しいアートがいっぱい!本もいっぱい!
もともと2人は、オノヨーコさんがロンドンにアート留学後、初のロンドンでの個展で出会ったそうです。
個展のすぐそばのスタジオでレコーディング中だったビートルズ、空き時間中にジョンレノンさんが
ふらふらっと立ち寄ってみた個展がオノヨーコさんの個展だったとか。
(このころ世界で熱狂的人気なビートルズを、オノヨーコさんは知らなかったらしい。)

ヨーコさんの「yes.」の展示を見て、ジョンレノンが「俺よりも頭のおかしな奴がいるぞ!」と
興味をもって、会ってみたい、となったとか。すごい運命的な出逢い~。でも素敵~

DSC06381.jpg 
▲これはそんな出逢いや「偶然性」をテーマにした素敵な展示。今回の私のお気に入りです。
天井には数えきれないカラフルな紙でできた「マル」が、風でゆらゆら舞っています。
天井にはほんの数か所だけ穴が開いています。床には、1,2枚の紙。

人と人の出逢いは、そんな確率なのか。

DSC06382_20120615165448.jpg 
▲ふってこーい。じーーっと、5分くらい待ってみたが、ダメでした。
部屋にいる間に、紙がひらひらっと舞ってきたら、素敵な出逢いがあるかも!?


一般的に、というかスウェーデン人の友人達の「オノヨーコ」さんの認識は、
「ジョンレノンが愛してやまない日本人。オノヨーコにハマったが原因でビートルズが解散した。」
という感じみたいでしたが、この展示をみて、彼女の現代美術の世界を感じてみてほしいです。


名曲「Imagine」の原点となった、ヨーコさんのポエムも飾られていました。
優しい言葉がいっぱい。くすっと笑ってしまうポエムがいっぱい。
女性の方は特に共感する言葉が多いなぁと思いました。本当に心地よいものがいっぱい!

おまけに、現代美術館の入り口には、こんなスペースが。

DSC06375.jpg

オノヨーコさんの手書きの小さな看板と、糸が通された真っ白の細長い紙。


そう。


短冊です。

DSC06372.jpg 
▲現代美術館入口の様子。


日本の文化、七夕。そっか、もうすぐなのか。と気づかされました。
この木はもともとあったものなんでしょうか?それとも今回このために植えられたのでしょうか?
どちらにしても、オープン3日目にして、すでに皆の願いが込められた短冊でいっぱいでした。

私もアホなイラストとともに笑、紙いっぱいに短冊を書きました。

織姫と彦星と、オノヨーコさんとジョンレノンさんが重なりました。
これからは、日本人の「ピースサイン」の文化。お二人の「愛と平和」の想いを込めて、
ピースサインを広めていけたらいいなと思いました。


こちらから、6月5日にオノヨーコ展
がオープンした時の様子がSoundcloudにて聴けます。
(仕事しながら、お掃除しながら、ながらに最適な心地よいエレクトロニカの音楽です。)
Rolf Kling DJ-set at Yoko Ono´s Grapefruit opening, Moderna Museet, 2012. 
             場所              中央駅から65番のバスで「Moderna Museet」まで。あるいは徒歩で橋を渡って行けます。 最高の景色を見ながら行けるのでこっちの方がオススメ♪「Skeppsholmen島」に向かえば、看板が出てくるので分かります。私は行きはバス、帰りは徒歩で中央駅まで行きました! 
入場料・時間・大人100kr / 学生80kr / 18歳以下無料
・月曜日休み、火10-20、水~日 10-18

オノヨーコさんの展示は、6月6日~9月16日まで
オノヨーコさんのHPへ  
  


感謝!平和のピースサインを!

↓ 北欧ブログランキングに参加しています。ブログ応援もどうぞよろしくお願いします!↓
ランキングボタン     Peppar!2.jpg

スポンサーサイト

テーマ:北欧
ジャンル:海外情報

TOP

コメント

非公開コメント


08 | 2017/09 | 10
SUN Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Paper Swan (feat.Sayuri Hayashi, Klara Leanderson Andréas & Maria Dietrichson)


welcome.jpg RANKING_20131216220032f7e.jpg DIY.jpg instagram.jpg
新着記事

カテゴリ

LINK

検索



オススメ北欧BOOK

オススメ北欧MUSIC

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。