スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOP

教会で弾く。

ベルコンメ~ン♪
ようこそコンサートへ~♪(。・ω・)ノ゙

DSC04866.jpg
▲演奏前、リニアとマーティンと私。

180cmと200cmの長身スウェーデン人達と並ぶとチビっぷりが際立つ…
そしてなんでそんなに顔ちっちゃいんスカ…。
うっ…なんかこの写真特に太って見える…すみません。。。(-ω-;)

そんなこといってもしょうがなくって、
先日、スウェーデン南地方のエンゲルホルム(Ängelholm)というところの聖ミカエル教会で演奏しました。

DSC04857.jpg

本日(2月5日)、8度もあるくらいに暖かい謎のスウェーデン
雪どころか、近頃太陽が暖かく気持ちのよい午後が続いています。
エンゲルホルムには少し雪が残っていました。

スウェーデンに来て、教会で演奏するのは合唱も合わせて3回目。
聴くのを合わせると数か所の教会に足を運ばさせてもらいましたが、
この教会はとても広く、外見は歴史がある趣を感じるのに、内装は新しくてインテリアも綺麗で、なんだかスウェーデン的。

DSC04871.jpg


町の教会って、小コンサートには丁度良いサイズで好きです。(・ω・)
響きがよくて開放的なので、近所に住む方々やたまたま通りかかかった見知らぬ人達が、「おッなんか音楽やってる~」と聴きつけて入って来れるのです。

DSC04884.jpg

コンサート前はFIKA
簡単なサンドイッチやコーヒーなどのお茶タイムは本当にどこにでも用意されています…!

この日、昼は13:00~Dunkersというホールでのコンサートもあり、
そのままみんなでミニバスで→隣町の教会まで移動!だったので
コンサート前にも関わらずサンドイッチやマフィンなど食べてしまいました。


DSC04868.jpg
▲演奏前のリハ。バタバタ・・・

「Come away, come away, death.」
作詞:シェイクスピア 作曲:ロジャークィルター(英)
という"死"の歌を演奏しました。ので、最近ことあるごとに、

COME AWAYYYY SAYURRRRIII DEATTTTHHH!!

            (」°ロ°)」

(お前を蝋人形にしてやろうか~!!!!???的なギャグ。
サユリ"デス"。を、"death"とかけているところが面白いらしい。)

と、
野太~い声で、マーティンが私の首をしめにかかるマネをするという悪質な冗談が流行っていました。笑

DSC04858.jpg
▲そ、こんな風に。この日もデュエットした美声のふたり*

ちなみに「come away death(来たれ、死よ)」は、「3つのシェイクスピア歌曲Op. 6」の中の曲なのですが、歌詞を訳すともうとんでもない。死を望む人の歌で、花もない、友人も一人もいない!ああ!!と叫ぶ。


イントロのピアノ伴奏から、左手でピアノの鍵盤の低~い音が
ドスーン!ドスーン!と鳴るんですが、
まさに、死の行進曲のオープニング。(-ω-;)

超暗く、若干粘っこく、そんな歌詞の雰囲気を音で現そうと考えたことは初めてだったので、伴奏って難しいなと思いました。
何度弾いても、ズンチャーン♪ズンチャーン♪と、私のアホな感じが出てしまうのです…。そんなネガティブな気持ちを人前に出すなんて…!と悩みつつ、先生に何度も

「うーん今のは…明るすぎるねぇ…お、あぁ~ちょっと死の雰囲気出てきたね~いいね~」

などOKをもらうのに1週間苦労しました。(´д`)
死をテーマにしたピアノソロなんて珍しいと思うし…
伴奏ならではの良い経験でした。

役者・マーティンのイントロ部分から立ち姿はもう、そこらへんのモデルより美しくて、(実際彼はバイトでモデル経験もある!)
聴いているひと達をデスワールドに引きずり込んでいました。
英語の歌詞も完璧やしね。
(でもFLOWERの発音だけ、先生に注意されててこずっていた。)

DSC04867.jpg
▲坊主にしたばかりのアンダーシュのチェロソロ。

しかし、こんな死をテーマにした歌ですが、

“古い素朴な歌だ。当時日向で無邪気な娘たちが、糸をつむいだり、編物をしたり、針を動かしたりしながらよく口ずさむ歌なのだ。(小田島雄志訳、白水社)

とググってみたら発見し、びっくり。
新しい曲をもらい、歌詞の意味や解釈を調べてくうちに、時代背景や相違点を見つけたり、自分と照らし合わせて考えるきっかけになったり。
それが面白いです。
音楽から入っていくと、結局全てが繋がっているんだなと感じるときがあります。それは音楽じゃなくても数学でも、スポーツでも、いろいろ人によって違うんでしょうが。

このほか、伴奏2曲とソロ1曲を演奏しました。
尊敬するピアニスト&コンポーザー&先生である松本あすかさん編曲のジャズ風バッハ、の楽譜をさらにちょこっとアレンジしたもの。むふ

DSC04874.jpg
▲ジャズ組の3人も今日は同じコンサートに参加♪

ギター1本と2人の鍛えられたアドリブで、かっこいいフォルケミュージックを歌いあげていました。しかしながらやっぱりちょっとジャジー♪(。・ω・)ノ゙

DSC04883.jpg

最後に、教会にいる全員で教会音楽を歌います。
この日は217番と510番を合唱しました。
毎日、「今日の音楽」が変わります。

残念ながらスウェーデン語の歌詞なので難しくて私はすぐには歌えませんが、テリヤスとマーティンの美しい歌声に挟まれながら、ずぃーん。
と心から、家族とこの時間に感謝しました。
悔しいことや悩み事は尽きませんが、本当に皆に助けられています。
明日も誰より明るく、一日一日を大切に頑張ります。


ブログランキング参加中
2つ登録しています。1日1CLICKお願いします!
人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
毎日、応援本当にありがとうございます。感謝!!!

コメント投稿もしてみてください♪
 あなたのつぶやき、お待ちしております!









管理者にだけ表示を許可する場合

※鍵コメは連絡先(URL)が無ければ答えられないのでご了承ください。

スポンサーサイト

テーマ:留学生活
ジャンル:海外情報

タグ:スウェーデン 北欧 留学 音楽 教会 コンサート 演奏会 FIKA ピアノ

TOP

コメント

Re: もりー

コメントありがとう!これまで携帯で見てくれてたのかー。携帯で見てるひとも結構いるのかな、情報ありがとう!(。・ω・)
写真の撮り方にこだわってないし人物写真がほとんどになってきてしまった!本当はもっとよく撮れるカメラだと思うんだけど…腕が悪くてすみません。使いこなせてません。笑

Re: たける

久しぶり!もうすぐ帰国なんだね!久しぶりの日本、ぜひぜひ成長の種を開花させてください!私の方は毎日練習しかしてないから、留学生活エンジョイっていう感じもあまりないです笑。でもすんごくスウェーデンが好きになりました。

ひさしぶーり

サヨーリひさしぶーり
いつも日記楽しく拝見しています。
ほんとにどの日記も面白くて刺激的で。実は初めてパソコンを通じてみたんだけど写真やばいね。思わず書き込みをしたくなったほどです。
ちなみにいもりーの部屋には5年前からやたらでかいジジと同居しています。

さよーり応援しているよ。これからも素敵な日記楽しみにしています。

コメント

信大のよしゆき(たける)です。
楽しんでるみたいだね^^
おれはそろそろ日本に帰国だ。。
いつまでスウェーデン?まだまだ留学生活楽しんでね!!♪
非公開コメント


07 | 2017/08 | 09
SUN Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Paper Swan (feat.Sayuri Hayashi, Klara Leanderson Andréas & Maria Dietrichson)


welcome.jpg RANKING_20131216220032f7e.jpg DIY.jpg instagram.jpg
新着記事

カテゴリ

LINK

検索



オススメ北欧BOOK

オススメ北欧MUSIC

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。