スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOP

スウェーデン帰宅と水嶋ヒロ。

2010.11.07 11:26|ストックホルム
ただいまスウェーデン。
6日間の旅やったけど、少ない睡眠時間で自由奔放に動き回れました
たくさんの人に会え刺激を頂き、北欧の大自然が持つ真っ直ぐさから感動も頂き、楽しい思いも悔しい思いもたっぷりして、またここに帰ってきました◎
住み始めてまだ2か月のこの部屋ですが、久しぶりの我が家に安堵し、今朝は予定に反して昼まで爆睡。こんな私でも一応気を使って生活していてたようで。(あれでも!)
泊めてくださったお2人様、本当にありがとうございました。泊めさせてもらってる身分のくせしてなんかエラそうな私を寛大に受け入れてくれて、感謝です。2人の大学も見学できたし…♪

久々の英語は、あまりの使えなさを実感しガーンとショックどころか燃え始めました。やっぱり英語話せるともっと本来の自分を発揮できるなというのをデンマークあたりで目の当たりにしたので。
ただ、今年はスウェーデン語なんとか頑張りたいので、英語はネット内だけにしようかな。

新たな気持ちで来週からの学校生活、頑張れそうです。

たったひとりでスウェーデンに到着してから、今自分ができることを焦らずゆっくりやればいいんだ、とか思ってたけど…
完全に甘かったーーーー!!!!!
できることだけやってたって成長するわけないやないかーい!!
だってだって、
そんな間に水嶋ヒロ様は小説を書き上げ、大賞受賞してしまったー!
今ようつべで受賞会見のスピーチをみて、26歳になったらこんな風に聡明で、律儀で、純粋に堂々と感謝を口にできるような人間に少しでも近づけるように、、、今頑張らねば!て思いました。

芸能レポーターの井上公造さんは、「何も見ないで、あれだけの挨拶をするのは、政治家の人でもいない。」と。
テリー伊藤さんは、「最近の人は、世の中をななめに見る人が多いでしょう。そのほうがかっこいいと思って。でも、彼は、まっすぐに、見てますよね。新鮮です。」と。
コメンテーターで元オリンピック選手の田中京子さんには「凄い人、本気の言葉ってつたわるんですね」と。言われたらしいです。
(ピロ子さんのブログより。)

こんな人間かっこよすぎる!ぜひとも1回は拝見を!!→受賞会見の動画
全身から伝わる本気!

はっ。。(◎_◎)
ファンの熱い声になってしまいすみません。
帰ってきてパソコン開いた途端、ネット上で大好きな水嶋ヒロの話題がものすごかったので、ついつい。


さて。
たーーっぷりと写真も撮ってきました!
ストックホルム、素敵でした!悪いと思っていた天候にも恵まれ、毎日あたたかく◎(しかし、日頃の行いがいいからやーい♪と調子に乗ってたら、デンマークで降られました。しかもサイクリング中。)
ハロウィンの終わりかけとクリスマス準備の始まりという微妙な時期だったので、季節感味わえる景色が写せたのではないかと。( ̄▽ ̄)


それではまずは、前回のつづき!
そう、ストックホルム滞在で楽しみにしていたベスト3は…

ストックホルム市立図書館
(STOCKHOLMS STAD BIBLIOTEK)

でした!

DSC01594.jpg

でーん!
ご存知の方も多いかもしれませんが、この図書館について。
スウェーデン現代建築の父、アスプルンド(Erik Gunnar Asplund)の作品。北欧モダンの原点を築いた建築家で、他の作品は、ストックホルム市役所やラウンドスケープで有名な森の火葬場など。

中は本棚がぐるりと一周していて、360度本の世界!!
美女と野獣に登場する図書室の景色と重なり(分かる人いますか?)とても明るい内部。ぱああああっ!!と視界が広がり、思わず溜息をもらしてしまいました。

DSC01599.jpg

円筒状の開架閲覧室。天井が高い!
はほぉおおお。(と言いながら、ぐるーっとひとりで一回転)。
白い壁の凸凹はなんだろな~?ロッククライミング?うそうそ。笑
これも一か所にとどまらない光のデザインの一部だとか。

DSC01602.jpg

3階建。
本棚の細部にまでデザインが施されているようです。

DSC01605.jpg

広い。本当に綺麗。
この丸い閲覧室の周りに、いくつかの長方形の閲覧室があります。
平日の昼間ですが学生や仕事合間の方々が多くて静寂だったので、
シャッター音がうるさいカメラを控えたため、写真がありません…。

DSC01604.jpg
▲図書館内で見つけた、お洒落な水飲み場。(指洗い場?)
 この子、腕が4つあります。何か意味があるんだろうなあ。

 
こどもコーナーには、いろんな国の言葉の本がありました。
移民受け入れ割合の高い、スウェーデンらしい光景。
私の街の図書館にも、いろんな言葉の絵本がありますが。
DSC01613.jpg

ここは、日本語(JAPANSKA)の絵本も割と充実していました。
誰かが寄付したのでしょうか?古本が多かったように思います。

DSC01612.jpg

奥に進むと、目や耳が不自由の方のための本のコーナーが。
数が充実しており、この部屋だけで、地元のDVD/CDレンタルショップ(例:GEO店)くらいあり。

DSC01617.jpg
▲この一角は点字の本。


DSC01616.jpg
▲「Ljud böcker」=「Audio books:耳で聴く本」という意味です。
これは子供や私のようなスウェーデン語を勉強中の移民にもいいですね。
スウェーデンにはこのような朗読本が多くあります。
(うちの学校の図書館にもあります)

DSC01621.jpg

うーん、建築は勉強したことがないので良く分かりませんが、
きっと細部に色々な仕掛けやこだわりがあるからでしょう。
居心地よくてとても満足!(音楽コーナーに1時間くらい滞在。)
全体的に茶色っぽいのにモダンな雰囲気が、
古着を流行的に着こなしちゃう、お洒落な女の子みたいで。

DSC01621.jpg

1日目はとっても良い天気でスカイブルー!
図書館の周りの建物やお店も、ヨーロッパらしい(笑)可愛い家達。

DSC01619.jpg

それでは。お次は街を散策しながら、中央駅付近まで徒歩で!
ごー!

DSC01622.jpg
▲最後に図書館の外観。丸い。しかし隣には広ーいマック。
 結局ここで地図を広げながら、安いランチタイムを過ごしました笑。


ブログランキング参加中
こちらからランキングサイトへワープすることで投票となります。
1日2つ、水色とピンクの小鳥をクリックして頂くと励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へにほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
応援ありがとうございます。感謝!!

コメントの投稿はこちら
 あなたのつぶやき、お待ちしております










管理者にだけ表示を許可する

※鍵コメは連絡先(URL)が無ければ答えられないのでご了承ください。



スポンサーサイト

テーマ:北欧
ジャンル:海外情報

タグ:スウェーデン 北欧 水嶋ヒロ 留学 ストックホルム アスプルンド 市立図書館 建築 観光 デザイン

TOP

コメント

非公開コメント


05 | 2017/06 | 07
SUN Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Paper Swan (feat.Sayuri Hayashi, Klara Leanderson Andréas & Maria Dietrichson)


welcome.jpg RANKING_20131216220032f7e.jpg DIY.jpg instagram.jpg
新着記事

カテゴリ

LINK

検索



オススメ北欧BOOK

オススメ北欧MUSIC

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。