--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOP
スウェーデン
広告・観光局


1カ月半で16億!スウェーデン政府が面白い。

swedish-twitter.jpg


本日は、スウェーデン政府観光局の面白いキャンペーンを見つけたので、ご紹介します。
ちなみに元記事は
コチラを参考にさせて頂いております。


hana3_20120829234450.gif 

世界三大広告賞のひとつ、「カンヌライオンズ」フェステバルでグランプリ!
をとった、スウェーデン政府観光局。世界一のナイキさんと互角かーい!



国の観光局が世界の広告賞?をどやってとるんや?


もー兄弟 

不思議ですが、なんともスウェーデンらしいやり方でした。

このキャンペーンは、ロイターやAP、BBCなど国際主要のメディアで
「世界で最も民主的なツイッターアカウント」と報道された、ざんっしん!すぎる方法。


なんと開始から1カ月半で、1980万ドル(約16億ほど!)に値するPR高価が得られたとか。
さあさあ、日本もやりましょうよ、野田さん!とか言いたい。
まあ、日本では絶対不可能なのです・・・。



さてさて、その方法とは。


「国の正式アカウントを国民に貸しだし、自由につぶやかせる」


その名も、「キュレーターズ・オブ・スウェーデン」キャンペーン名もなんかカッコイイ。
って、ちょっと、スウェーデン政府さん、丸投げしすぎじゃないですかー?



①スウェーデン国内に住む人に国の正式ツイッターアカウントである「@sweden」
を1週間無料で貸し出し、自由につぶやいてもらう。

②候補者への応募は、他薦のみ。スウェーデンのオススメや、自分の意見もつぶやく。

ねらいは、古いメディアでは伝えられないスウェーデンの現在の姿を発信するもの。

ふむふむ。

2011年12月10日開始。
トップバッターはライター兼マーケターの方。
スウェーデン製商品だけでなく、日常の姿の写真なども投稿していたとか。
生のスウェーデン国民らしさが伝わるいい感じのツイッター。


その後、デザイナー、消防士、風力発電で働くエンジニア、羊農家、等ランダムな市民が
伝統的なスウェーデン料理、スウェーデン映画、ほのぼの牧場の写真などを投稿したとか。

hituji2.gif 

しかし、とある女性市民管理者が、予想通り「過激つぶやき」を連発し出してしまった。
2012年6月10日から開始したソニアさん。
「ユダヤ人」「ナチス」「ペニス」「ゲイのエイズ患者」「ミルクとオシッコに浸した苺」など、
公式ツイッターではタブーとなる性的・政治的な話題を投稿し始めました。
「スウェーデンにジャスティンビーバー(アメリカで超人気の若手アイドル)みたいな人がいても誰も相手にしないのに、ハハ」等と投稿してCNNニュースでも取り上げられたとか。
いいのかスウェーデン~!! ありえない~!!今すぐやめさせないとー!

colbert-sweden.jpg 
▲海外ニュースでスウェーデンが大変なことに・・・

しかし、「ありえへん」と思いますが、それでも彼女は立場を剥奪されなかったんです。
政府観光局キャンペーンを見るおえらいさんによると、

「スウェーデンというブランドの所有者は国民であり、それ以外の何物でもない。
今回のキャンペーンで、各自がそれぞれのスウェーデンを世界に示してくれれば」



だそう。

えーーーー!!!のんきかー!!!!


しかしフォロワー数は6万7000人に増加、反応率は553%に向上。わぉ


SWEDEN-articleLarge.jpg 
▲高校生のエリックさん。スウェーデンの国民記念日にツイートしたもの。


スウェーデン政府観光局は市民に投稿内容を丸投げし、
最後まで検閲しない姿勢を貫いている。
これぞ自由で透明性が高い国「ザ・スウェーデン」の手法です。
つくづく、日本政府と全く逆だわ・・・。
なのになぜ人柄は似ているんだろうか…という個人的な謎。について誰か教えてください。

hana4_20120829234450.gif 


これまでの「広告賞」というと、芸術的・技術的なクリエイティブ要素が重視されていますが、
今回のスウェーデンのように「キャンペーン自体」が広告賞として評価されたのは、
多くの広告企業PR関係者にとって刺激になるでしょう。(と、元ネタの方が書いてらっしゃいました。)

最後に、もっと知りたい方はコチラをどうぞ。※英語




こういう「ありえないアイディア」が生まれるスウェーデン。
しかも公に実行・実験的に挑戦してしまうスウェーデン政府。

うーむ。。。やっぱり面白いなぁ、と思う今日この頃でした。


↓  北欧・スウェーデンブログランキングに参加しています。
  下のボタンを1日1回クリックして頂けると励みになります♪

    ランキングボタン
     Peppar!2.jpg

     感謝!



スポンサーサイト

テーマ:北欧
ジャンル:海外情報

TOP
2012.08.28 23:43|スウェーデン人の日本旅

スウェーデン人が日本で初めて見たもの。その①


DSC08733_20120828222833.jpg 


SEMI 


みーんみんみん。
私達にはすっかりお馴染みの、のニッポンの風物詩です。

日本に到着してすぐ、ふと気づくと木をじっと見つめているハンネス・・・。

不思議そうにきょろきょろし始める。
そして何かを必死に探している様子。

金髪の子 「ねぇ。」

   「なに?」
金髪の子「さっきから、このWIWIWIWIWIーーってノイズはなに??」

(WIWI(うぃーうぃー)?に疑問を感じながらも、)


「これはセミっていう、日本の虫だよー。スウェーデンにはいないかー」


金髪の子
「えぇぇ!?虫なの!?ビックリ。だから見つからんかったのかー。
ウサギくらいの大きさかと思ったから、いないなーと思って。」

「いやいや、こっちがビックリだよ!そんなでっかいの達が
木の枝に止まってミーン鳴いてたら、めっちゃ怖いわ!」
てかウサギが日常にいる首都なんて、ストックホルムくらいだよ。


想像してみると、ほんと怖い。ウサギゼミ。
なんかジブリに出てきそう。てか響きが可愛くないわ・・・木の枝からこっちを睨んでそう。

金髪の子「一匹でこんな鳴くなんてエネルギーのある虫だねぇ。
暑すぎてきっとストレスたまってるんだねぇ。」

「またしかに、スウェーデンにはこんなやる気に満ち溢れた虫、いないよねぇ。」

と日本とスウェーデンの虫を比べたりしながら、暑い東京を歩くのでした・・・。


※ちなみにイタリア・南仏ではに見かけるそうですが、ヨーロッパで
は珍しいそう。特に北欧は生息していないみたいです。

DSC08733_20120828222833.jpg 
▲SEMIの実態をカメラに納めようと、探し中。in京都


後日も、やっぱりの鳴き声が気になる様子。
もうひとりのスウェーデン人と会ったときも、スウェーデン男子2人で
セミの謎について語っていました。

「オッレ(友達)、セミ見た?木から聞こえるノイズのやつ。」
「見てない!うるさいよなー?え、あれって虫だったの!?」
「動物だと思うよなー。いまだ発見できないんだよなー。」
「ググろうぜ、wiki開いて・・・」
「いや!それじゃ負けだ!肉眼で見ないと!」



そこに私の友人C「ちなみに、って地上で7日間しか生きられないんだよー。」



「え!?!?」


さらにもう一度、私の友人C「7年も土の中にもぐっているのにね・・・」



「えぇぇ!?!?」


その後2人のスウェーデン語の会話に耳をすますと、
「7日間しか生きられないのに日本各地でこんなにいっぱい生息してるなんて、
そんな短い期間にオスとメスはどんだけプーーーーーしてるんだ!!」そこかい!

「子孫を残すために、交尾のために地上に登ってくるのか・・・生命を感じる。
あの鳴き声は生きている証を訴えているのか・・・ノイズとか言ってゴメン」
とかなんかマジメに話しているスウェーデン人男子達。


ちなみにセミはが過ぎ、両親・仲間達が逝ってしまった後、
木の枝の卵からひとりで生まれ、ひとりで地面まで這いつくばって降り、
長い地下生活を始めるため、ひとりで土の中へと潜っていくそう。


なんて・・・なんてエライんだ。
たったひとりで。。

金髪の子「とにかく、生で見てみたいから今度は木に近付いてみるよ。」


「あ、でもおしっこかけられるから、気を付けてねー。急に飛ぶし。」と言うと、


「こんなノイズでも迷惑かけてるのにさらに!?なんていう虫だ!!」


と結局、オッレは木に向かってケンカ売ってました。
ちなみに飛ぶときにおしっこかけられるのは、
飛翔の際に体を軽くするため (そんな何グラムしか変わらんだろうに!?)
とか、セミの膀胱が弱い説とか、いろいろあるらしい。(wikipedia参照)


が聞こえる季節もそろそろ終わりですね。
スウェーデン・ストックホルムの気温は本日10度だったとか。
残りのの風物詩を思い出に、皆さま身体にはお気を付けてくださいね。

↓  北欧・スウェーデンブログランキングに参加しています。
  下のボタンを1日1回クリックして頂けると励みになります♪

    ランキングボタン
     Peppar!2.jpg

テーマ:北欧
ジャンル:海外情報

タグ:スウェーデン 北欧 留学 スウェーデン人 ストックホルム

TOP
2012.08.25 19:19|スウェーデン人の日本旅

 スウェーデンからミュージシャン、来日!

アレメッレル Ale Möller バンドがやってきます。
世界の音楽の楽しみ方、北欧のミュージシャンの生音に出逢うチャンス。

20120826amb (1) 


アレメッレルさん。

私が住んでいた、スウェーデン南端に近い港町、マルメの出身。
各国の民族音楽に深い関心を持つ マルチ・プレイヤー!

現代の北欧フォーク音楽シーンにおいて威風堂々たる地位に君臨するトリオ FRIFOT(フリーフォート)のメンバー として、昨年日本に3回目の来日を果たしています。 http://alemoller.com/

Ale Moller


マリア・ステッラス Maria Stellas さん。

グリーク・リードヴォーカル、フィンガーシンバル

ギリシャ人の両親のもとスウェーデンに生まれ育つ。 シンガーとしては1900年代始めの「レベティカ」とよばれる古いギリシャ の歌を中心に歌う。北欧からのベリーダンスも楽しみです・・・わくわく。
http://www.myspace.com/mstellas

Maria Stellas

     ママドウ・セネ Mamadou Sene さん。

西アフリカン・リードヴォーカル、セネガルフィドル

セネガル出身の歌手兼、なんとアクロバティック・ダンサー!わぉ!
セネガルで多くの「遊牧民の歌」を学ばれたそう。スウェーデンに移住する前までは セネガル・ナショナル・バレー・アンサンブルのソリストを務めていた。 遊牧民と北欧のコラボが気になる。。。。

マグヌス・スティンネルボム Magnus Stinnerbom さん。

フィドル、マンドリン、ギター、バックヴォーカル

ノルウェーとの国境に位置し、スウェーデン人の心の故郷といわれる ヴァルムランド地方の伝統音楽を中心に演奏するフィドラー!
ヴァルムランドから生まれたスウェーデン民謡は多く、私もクリスマスで何度か演奏させてもらいました。

北欧らしいリズムの「ポルスカ」の演奏家・作曲家であり、演劇やダンス音楽のプロデュース にも携わる。Hedningarna(ヘドニンガルナ)やHarv(ハルヴ)といった 北欧フォークグループでも活躍中!
ちなみに、日本のロックバンド「くるり」の岸田氏が、2003年のベストアルバム(ミュージックマガジン誌)の1枚に彼の3rdアルバムである「タースト」を選出。暑い夏にも心地よい、北欧の風が感じられます。要チェック。
http://www.myspace.com/magnusstinnerbom

マッツ・エーベリー Mats Oberg さん。

キーボード、ジャズピアノ

もう・・・・個人的にマッツさんの演奏を生で聴けるのが楽しみで…。
スウェーデンでも聴いたことがなかったのに、日本で聴けるなんて!
盲目のピアニスト。グラミー賞受賞、またマッツ・アンド・モルガン名義でリーダーアルバムを多数発表。現在も世界中から注目のマッツさん。今スウェーデンで 最もスケジュールを抑える事が難しいミュージシャンのひとりです!スウェーデン人ミュージシャンの友人たちにもマッツさんのファンは多く、今回日本で演奏が聴けることを言ったら羨ましがられるかも・・・。しっかりと耳に焼き付けたいです。
http://www.myspace.com/matsoberg

ラファエル・シダ・フイザル Rafael Sida Huizar さん。

パーカッション

メキシコ出身。メキシカン・ロックバンドのメンバーとして、すでに1970年代からスウェーデンに移住。 アフロ・キューバやラテンのドラム・トラディションついて深い知識を持ったパーカッショニスト。 
http://www.myspace.com/rafaelsidahuizar

演奏だけでなく、手作り楽器工房ワークショップ、音の秘密基地、
ベリーダンスステップ、打楽器講座、スウェーデンからのミュージシャンを交えて、世界の音楽を体験できます。おぉ、楽しそう。
今回行けない人のためにも、またしっかりとレポートします♪

20120826amb (1) 



















おんぱく~音のテーマパーク「オンガクで世界を溶かせ!」

日にち
2012年8月26日(日)
時間
おんぱく 10:00~17:30
コンサート Open 15:30/Start 16:00
会場
長久手市文化の家
愛知県長久手市野田農201番地
料金
全席自由
 【フリーパス(アトラクション+コンサート)】
  大人1,500円 / 中学生以下1,000円
 【アトラクションのみ】
  大人1,000円 / 中学生以下500円
 ※2歳以下のお子様は無料(要整理券)
 ※前売完売の場合、当日券は発売されません。
チケット
長久手市文化の家 TEL:            0561-61-2888      
チケットぴあ 
http://t.pia.jp/ TEL:0570-02-9999(Pコード171-738) ※フリーパスのみ

感謝!
   ↓ 北欧ブログランキングに参加しています。下のボタンをワンクリック、どうぞよろしくお願いします!↓

    ランキングボタン
     Peppar!2.jpg

テーマ:北欧
ジャンル:海外情報

タグ:スウェーデン 北欧 音楽 コンサート ピアノ ストックホルム イベント

TOP
2012.08.24 18:40|スウェーデン人の日本旅
北欧
スウェーデン人

 スウェーデン人、ビックリする。

ヘンな国、ニッポン。

神奈川県・鎌倉に辿り着いたスウェーデン男子2名がここに。

DSC08457_20120824203739.jpg 


Q. さて、なんでこんなにビックリしてるんでしょうか?



ちなみにこの2人、ストックホルム音楽高校時代の同級生だったのですが、
お互いに知らないで、1日前後で日本・東京に到着したと判明!!
Facebookで日本にいることを知ったそう。こんな偶然あるんですねー。


私も初めて会ったギタリストのオッレは、現在半年間の世界一周中。
南アメリカから始まってブラジル、シカゴ、ラスベガス、中国に飛び、
ちょうど日本に到着したばかり。

DSC08461.jpg 

「なんでこんなとこで会うんだー!!ありえない!卒業ぶりだろ!!」
「日本どう?どこ行った?アイス美味しいよなー!あ、イカ食べた??」
となんか感動しあっていました。
(2人とも、イカを食べることについて気持ち悪さそうに語っていたので、
江の島で巨大イカせんべいが売っていたので、無理やり食べさせました。)

味はおいしいそうですが、やっぱり
イカの形をした料理は食べたくないそうです。
スウェーデン、イカもタコも食べんもんなー。



それでは、このへんで正解を・・・・



どん!



DSC08458.jpg 

A. 日本舞踊 JAPANESE DANCE


正確には、日本舞踊の女性役も「すべて男性が演じている」ということを説明して、
「えーー!」とビックリ。
途中、着物を脱ぎかけるという、なんとも古風なセクシーシーンがあったのですが、
「今一瞬おっ!って思っちゃったけど、男だと思い出すとなんも面白くない…」
「なんで日本人はこんなマジマジとみてるんだ・・・
(-_-)」と
ちょっとがっかりしていました。それより舞踊をみなさい、といいたい


DSC08470.jpg 
▲ちょうどこの日は鶴岡八幡宮までの通りで灯篭祭り。
ひとつひとつがアートになっていて幻想的でした。



ギタリストだけあって、ジャパニーズギターである「三味線」の音に
興味を持ってノリノリ。途中で合流した私の友人が三味線を弾くので、
言葉を飛び越え、音楽トークで盛り上がっていました。
初対面とは思えないほどすでにバカにしあえて、明るく優しいみんな。
ありがとー!

IMG_1612.jpg 
▲スウェーデン人、鶴岡八幡宮にて参拝の仕方を学んだ!


さて、今後はもうちょっと深く、
「スウェーデン人から見た面白いニッポン!」を紹介していきますね。


感謝!
   ↓ 北欧ブログランキングに参加しています。下のボタンをワンクリック、どうぞよろしくお願いします!↓

    ランキングボタン
     Peppar!2.jpg
 

テーマ:北欧
ジャンル:海外情報

タグ:スウェーデン 北欧 音楽 ストックホルム 日本 鎌倉 面白い 写真

TOP
北欧音楽
コンサート情報

 北欧音楽たっぷりでお届けします。 

ブログの更新が遅れまして申し訳ありません。
ライブ・コンサートのお知らせです・・・★

aaaa.jpg


本日 8月10日。
19時オープン、19時半スタート◎


地元福井県のコンサートハウス、マロンパラダイスにてです。
伝統北欧音楽、スウェーデンのフォルクミュージックジャズを中心に、
スウェーデンジャズ、フィンランド作曲科のジャズアレンジ等。
スウェーデンでの生活や留学の話しも含め、ハンネスのトークも。
お時間ある方は是非、お越しください!


   ↓ 北欧ブログランキングに参加しています。下のボタンをワンクリック、どうぞよろしくお願いします!↓

    ランキングボタン
     Peppar!2.jpg
 

テーマ:北欧
ジャンル:海外情報

TOP

07 | 2012/08 | 09
SUN Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Paper Swan (feat.Sayuri Hayashi, Klara Leanderson Andréas & Maria Dietrichson)


welcome.jpg RANKING_20131216220032f7e.jpg DIY.jpg instagram.jpg
新着記事

カテゴリ

LINK

検索



オススメ北欧BOOK

オススメ北欧MUSIC

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。