--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOP
2016.04.02 08:38|イギリス

マンチェスター映画祭での続き。
今回マンチェスターには映画祭開催中の3泊4日滞在。
1日目は到着してすぐにレッドカーペット、オープニング等で華やかな日。
2日目はマンチェスターから日帰りができるということで、急きょ丸一日リヴァプールへ!
リヴァプールといえばビートルズの生まれ故郷。港町ビートルズ思い出の地を辿りました。
3日目はマンチェスターの街をぐるりと散歩。夜はいよいよスクリーンに私達の映画上映。。!!
4日目は映画祭に参加しながら、マンチェスターの街へ、そして午後の便で…パリへ。

映画は午後〜夜の上映が多かったため、昼間は自由に色々なところを廻ることができました。
3日目マンチェスターの街散歩。

12790893_1253729007975641_1869486515897429907_n.jpg

こんなことを言ってしまったら、当たり前やろ、とツッコミくらいそうですが、
マンチェスターは、ざハリーポッターの街。というイメージでした。
ホグズミード村のような景色が。。バタービールは売ってなかったけど。


マンチェスターは徒歩で廻ることが可能な大きさ。
ストックホルムのように建物が全体的に低く、古き良き建物が美しい状態で残っていました。
今回の滞在先ホテル、内装がとても可愛かったのでチラリ。

12799059_1253729054642303_8448613954657192436_n.jpg

素敵なホテルですが、実は、
1回目熱湯しか出ない、2回目すきま風が入って来る、というので2回も部屋を変えてもらいました。笑
最終的にとても広い(窓がないけど)部屋に、ミニ暖房を2つ持って来てもらいました。
クレイマーと思われたらやだな〜、、とは思いつつ、熱湯風呂には入れないし、
滞在中に風邪をひきたくなかったので即電話。これまでは、電話するの面倒くさいし我慢するか。。
ということもあったけど、この問題対応力は、いつの間にか海外生活で慣れてきているようです。

フロントから人が来て、「わーほんとだ。熱湯じゃ手も洗えないねー」と当たり前のことを言われても
「2回目の部屋は窓しまらないね、これは寒いしうるさいね。ハハ、アンラッキーだねー」と笑われても、
サービスにおいて客へ謝らないという姿勢、にも、フラストレーションがたまらなくなってきました。

イギリス全体がそうなのかは分かりませんが、スウェーデンも似たように、ビジネスにおいて謝ったら負け、
という風潮があるようで。。うちの職場でも(自分のミスは棚にあげて)、自分の権利を真っ向に言い切ることが多く、
ミーティングでは毎回とにかく言い争いになっています。
大手IKEAで働いていた友人に聞いたところ、カスタマーサービスのマニュアルにも
「謝ってはいけない」と書いてあるらしいです。。
というか、すぐに謝るのって日本だけなのかもな、とじわじわ感じています。
ただポジティブに考えると、足の引っぱり合いという無駄な時間が無いことは好きです。


私が銀座のとある外資系ブランド店でバイトをしていたとき、とあるお客さんが来たのを思い出しました。
女装家というのか、外見は完全に男性だけれど、12月だというのにビビッドカラーのビキニ姿で
羽のついた上着、装飾品を身にまとっており、リオのカーニバルから抜け出してきたよう。
その人が一階の売り場でスカーフやアクセサリーを見ている間は、案の定、他のお客さんの注目のまと。
ベテラン販売員さんは「素敵なお召し物ですね、寒くないですか?ブランケットをお持ちしますか?」
と接客し、その対応力にさすがやな、と感動すら覚えていた私。しかし、その10分後、、、
私が裏の片付け仕事をしていると、階段から、ものすごい剣幕で怒鳴りながらその人が降りてきて、
「ありえない!さっき笑ったの誰よ!?出て来なさい!」とすごい口調でひとりひとりスタッフを睨みつける。

事情が分からないまま、全員に謝ることになったからちょっと来て!と言われ、
フロアスタッフが全員一列に並び、申し訳ありませんでした!と一例するのに、私も参加。
あとで聞くと、一階からその人がフロアの真ん中にあるガラスのエレベーターで上にあがる瞬間、
エレベーター越しに店員2名がこっちを見てひそひそ笑っていた、ように見えた、とのこと。
本当だったらもちろんその店員さんが謝るべきだが、お客さんの勘違いということもあり得る、、
高級ブランド店はやっぱりこういう対応をしているのかー、と勉強になった部分もあったが、

日本の友人にこのエピソードを話すと、へーすごいね!ま、いろんな人がいるよねー。でおわる。
これをスウェーデンの友人に話すと、フィクションドラマか映画みたいと言われる。
本当にこちらが笑っていないのならば謝る必要はないし、関係のないスタッフまで全員で謝るという、
むしろその発想は皆無なのである。自分のミスは自己責任、同僚のミスを背負うという意識は低い。と思う。


と、さて、なんでこんな話になったのかは分かりませんが・・・
あ、ホテルのエピソード。そんなこんなで、ホテルは満足に過ごせ、
ふらりと入ったマンチェスターの市庁舎と、図書館が最高に素敵でした。


12832321_1253729051308970_2164648396247289970_n.jpg 12804808_1253729014642307_2925021819410214861_n.jpg

マンチェスターのジョンライランズ図書館 (The John Rylands Library) は、おすすめされて立ち寄ってみたのですが、
清閑の中で書物が光輝いていました。エネルギーがみなぎっているn
1890年代に建てられ、地下を含め6階建てのヴィクトリアン・ゴシック様式。
今にもハリーポッターのキャラクターが顔を出しそうで、図書館というより映画の世界に入り込んだよう。
あぁ、ここで撮影したい!(何のかは分からんが) と、創作意欲が沸く空間でした。笑

世界で最も美しい図書館のひとつと言われているようなので、建物好きの方にはおすすめです。

12800312_1253728974642311_8072110554895451708_n.jpg

最終日はイギリスでは珍しい、青空でした◎

感謝!

ランキング・ぽちっとよろしくお願いします。

RANKING_20131216220032f7e.jpg


スポンサーサイト

テーマ:イギリス
ジャンル:海外情報

タグ:スウェーデン 北欧 イギリス マンチェスター サービス ヨーロッパ ホテル 仕事 映画祭 作曲

TOP
2016.03.21 23:05|旅行

さて、すでに2週間が経ちましたが・・・
3月のはじめ、マンチェスター国際映画祭に参加するためイギリスへ行ってきました。

映画祭の予告映像はコチラ。


私とハンネスが作曲/演奏/音楽監督 を手掛けさせて頂いた短編映画¨Family Bonds¨(監督:山本尚志)
が、マンチェスター映画祭の短編映画部門のオフィシャルセレクションに選ばれました!
ちょうど開催中スウェーデンは、スポーツロブという1週間の休暇だったため仕事も休みで、
オランダ、帰りはフランス、パリに1泊2日で寄り、5日間ヨーロッパを廻ってきました。

まずはアムステルダムから。
たっぷり降り注ぐ太陽と晴天続きに、スウェーデンにもすっかり春が訪れ・・・
ていたと思った3月前半。(今日は3月後半にも関わらずまた雪が降りました。)
ストックホルム・アーランダ空港までは、ハンネスの妹フェリーシアが車で送ってくれ、
いざマンチェスターへ。行きのフライトはオランダで3時間のトランジットがあり、
フライト関係に詳しいハンネスは、絶対に空港から出ない方がいいとパソコンをあけだしたのですが、、
空港は無料wifiが飛んでおり、空港から首都アムステルダムへは電車で約20分!とのこと。
そんな近いのに、3時間も空港内で待っているなんてやだ!

 12325636_1266098440072031_905673474_o.jpg 

というわけで、、、
結局いつもの私の独断により、中心部へ笑。オランダの電車内、カラフルで素敵でした。
ちなみに、トランジット中に一度外に出ると、もう一度手荷物検査を受けなければいけません。
それがめんどくさいーという場合や手荷物が多すぎる場合は、大人しく空港にいますが、、、
私は乗り換えがある場合、あえて6時間以上のトランジットのフライトを選び、
街に出るのを楽しみにしていたりします。
不安な表情を隠しきれないハンネスを横目に、もし飛行機を逃したら私が責任とるから大丈夫!
という口約束をして、アムステルダムへ!
オランダは、19歳の頃に友人とベルギーに1週間滞在して、ミッフィーが生まれた
ユトレヒトに弾丸日帰りで訪れたのみ。初のアムステルダムにわくわく。

12443656_1266098343405374_956575858_o_201603230552277a4.jpg

オランダといえば風車、チューリップ、木靴などですが、、

12874249_1266098353405373_990621636_o_2016032305521195f.jpg

アムステルダム駅に着くと、水辺に並ぶ可愛い建物達とボート!
これぞオランダ、というイメージ通りの景色が広がり街に出て満足の私達。
そして駅からまっすぐ人通りが多い通り道に行くと、さっそく面白いミュージアム発見!

12874068_1266098383405370_390231501_o_201603230552093fe.jpg

チーズミュージアム!?
そう、オランダといえばチーズです!地下まで続くチーズ専門店でした。

中学生の頃に教科書で見て以来、夢みてたオランダのまあるいチーズ。。。

12873604_1266098400072035_718734706_o_20160323055208c18.jpg

牛がお出迎え。地下にもチーズがぎっしり。

 

店内では数十種類の味のチーズが並んでおり、お姉さんに促され試食。
限られた時間なので、即決で黒トリュフ入りの、小さめ丸いチーズを購入。

スウェーデンに帰国してから、最近サンドイッチに挟んで食べていますが、味が濃厚で美味しいです!
12325716_1266131800068695_31407428_o.jpg

そして腹ごしらえ。
チーズ専門店のお隣に、ベジタリアンのファストフードが!

12325937_1266098416738700_337622083_o_2016032305522599c.jpg

自分でお好みのファラフェルを作ることができます◎
私は生野菜をたっぷり、そしてナスの揚げ物をトッピングに。
ファラフェルを片手に、水辺をぐるりと歩きながら写真を撮って、、、

12476692_1266098406738701_1287749238_o_20160323055228c2b.jpg

間に合わないと心配だからもう行こう!というハンネスに連れられ、
滞在時間はおよそ45分でした笑。。それでもふたりとも出て良かった!と満足◎

そしていよいよ今回の目的地、マンチェスターへ。
久しぶりに、ブログを書きました。つづく!

感謝!

ランキング・ぽちっとよろしくお願いします。

RANKING_20131216220032f7e.jpg


テーマ:オランダ
ジャンル:海外情報

タグ:オランダ 空港 KLM アムステルダム ヨーロッパ 北欧 マンチェスター トランジット

TOP
2015.12.29 00:52|旅行
もうすぐ年明け。
今年もクリスマス・年末はスウェーデンで過ごしますが、
クリスマスと年末の間の Mellan dagarna (メーラン ドーガナ) は旅行に行くことに。
というわけでクリスマス10日前にベルリン3泊4日を決定。
ドイツはこの夏にフランクフルト、これまでにミュンヘンやザルツブルグ等に訪れましたが
ベルリンは今回が初。なんといってもベルリンの壁があり、ベルリンフィルがあり、
芸術家の拠点にもなっていることも多く、アーティストの友人や旅行好きの友人にも
おすすめされていて、近々行きたいと思っていたところでした。

 

まずはベルリンの壁。"イーストサイドギャラリー"
アーティストにより、野外ギャラリーとなっている
残されたベルリンの壁の一部。
芸術と一体化し、自由、平和、の象徴となっています。
壁が崩壊されたのは1989年なので、本当に最近のこと。本や映画で第二次世界対戦のことは
知っているつもりでも、戦争に対して実感がわかない世代。
昨年訪れたカンボジアのキリングフィールドも、今年訪れた広島の原爆ドームも、
またベルリン市内中央に並ぶホロコースト慰霊碑も、実際に訪れることで自分なりの理解や解釈、
平和や未来の理想を持つことに繋がっていくと思いました。

 

虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑・ホロコースト慰霊碑は、、、美しかったです。
なんとこれは2005年に建設されたもの。たった10年前です。


慰霊対象者はユダヤ人だけなのか、市内のど真ん中にコンクリート製の石碑は人々を不安にさせる等、、
記念碑が提案されてから10年以上を巡りたくさんの論争が行われたそうです。
それだけ、ホロコーストをどのように伝えるか?ということを多くの人が議論したことが
重要であるだろうし、これもまた形にして想いを繋げていくことが大事なのかなと思いました。

ベルリンの壁意外でも、街中にグラフィックアートの数々。
 
12434475_1210620325619843_2009155163_n.jpg
12434716_1210620332286509_1713689728_n.jpg 12435661_1210620305619845_2121466068_n.jpg
12459922_1210620362286506_187740555_n (1) 12459795_1210620342286508_707876822_n.jpg
12435797_1210620315619844_2053214316_n.jpg 12460060_1210620318953177_1573943923_n.jpg
実はクリスマス後のシーズンオフの時期だったので店が静まっており笑、(観光客はたくさんいたけど)
おすすめされていたカフェやお店は閉まっていたのですが、散歩しているだけで街とアートに出逢えて面白かったです。

そしてホテルからのささやかなクリスマスプレゼント。
クッキーやチョコは分かるけど、なぜみかん?
今回はなんとヒルトンホテル付の航空券だったので、広い部屋でゆっくりできました。
ストックホルムからだとヨーロッパ内はお手頃に飛べるのでありがたいです◎

  

また、レストランやカフェも壁画が描かれていたり、天井にワニがいたり、
インテリアショップの真ん中にカフェがあったり、スプレーアートでド派手なインド料理店だったり、
と、店毎に個性的な空間づくりがされていて面白かったです。ベルリン、自由でカラフルな街でした◎

ランキング・ぽちっとよろしくお願いします。

RANKING_20131216220032f7e.jpg

タグ:旅行 ヨーロッパ ベルリン ドイツ スウェーデン ベルリンの壁 ホテル アート スプレーアート

TOP
2015.12.18 00:14|イギリス
師走!!
12月はあっという間に過ぎて行きますね。もう18日。
一昨日、学校の仕事が終わり冬休みに突入しました。こちらの冬休みは約3週間あるので、
学校の先生達も長い冬休み休暇を頂けます。ありがたい…!

さて。
最近はノーベル平和賞音楽のブログばっかりだったので、
先月行ってきたロンドンのことを少し書いておこうと思いました。
ロンドンは3泊4日の週末旅行。1日目は美術館巡りでした。
素晴らしかったのは、ヴィクトリア&アルバート美術館 (V&A)。
ロンドンに住んでいたことのある友人の旦那さんや、デザイナーの友人におすすめされていた場所。
初めて行きましたが、かなり広かった!

 

現代美術・各国の工芸・デザイン・ファッション等400万点の膨大なコレクションを
中心にした国立博物館で、ヴィクトリア女王とアルバート公が気づいたため、V&A。
この駅は、科学博物館、自然史博物館、人類学博物館、英国王立音楽大学も近くにあるので
何日でもいれそうでした。V&Aだけでもとにかく広くて、1日必要なくらい。


 
期間限定で開催していたの展示とジュエリーの展示。の展示は入りませんでしたが、
外にもクリスチャンディオールのコレクション等が飾ってありました。
日本の扇子のアイディアを取り入れたディオール扇子。ちょっとななめでお洒落です。
レディーガガののデザイナーでも有名な日本人・舘鼻則孝さんのも展示されていました。
ヒールレス・ハイヒール。江戸時代のからインスピレーションを受けているそうです。
模様もヨーロピアン調だけどどこか和柄のような。発想がスゴい。

そしてV&Aといえば、世界屈指の膨大なジュエリーコレクション!
ジュエリーの展示は写真撮影禁止で、ガードの方がいました。
紀元前3000年のトルコ石等も飾られており、一体どうやってこんなに小さい石に絵柄を掘ったのか!?
宇宙人の仕業か!?と思ってしまう程繊細で美しいジュエリーが並んでいました。
年代毎に展示されていて、ヨーロッパの伝統、宝飾品の歴史の流れを観ることができました。
これだけの作品が、無料で観れてしまうという驚き。。。

そうなんとロンドン美術館博物館は入場無料なのです!羨ましい。
(実はストックホルムも来年より美術館博物館の入場無料化が始まるため、最近どこも改装中。)

  

そして彫刻は、恒例の遊び方。笑。 壁中にも色んな国の作品が飾ってあり、
体育館くらいの広さと高さの部屋の中には、ここはローマ帝国か!?と思う程の
巨大な遺跡があり、一体どうやって運んだんだ、天井全体がウィーンって開くシステムなんかな?
いや、むしろ遺跡ありきで、この部屋を建築したんじゃない?と、
作品自体でなく展示の仕方や作品の膨大さに圧倒されていた私達でした。
このあとは科学博物館へ。相方の大好きな飛行機コレクション、私の夢見る宇宙飛行士関連
のものが充実していました。 (つづく)


ランキング・ぽちっとよろしくお願いします。

RANKING_20131216220032f7e.jpg

テーマ:イギリス
ジャンル:海外情報

タグ:スウェーデン イギリス ロンドン V&A 博物館 美術館 アート ファッション ディオール

TOP
2015.02.02 22:41|旅行

こんにちは。
お久しぶりです。今年に入って気づけば更新5回目…
今年に入って、3年ぶりにinstagram(インスタグラム) を再開しました。
フェイスブックは面識のある友人しかいないので音楽やプライベートに関してが多いですが、

インスタグラムは、ストックホルムでの暮らしや北欧雑貨、ハンドメイド、見たこと聴いたこと、
買ったもの、旅行のこと等。これまでのブログとリンクするような感じなので、
インスタグラムをやっている方がいましたら是非♪ "sayurimusik" です。

http://instagram.com/sayurimusik

instagram.jpg 
ブログの右にも、オリジナルのバナーを追加しました。 →  →  →

さて。

実は前回ブログを更新した最終日の翌日、1月21日から、
1週間ニューヨークに行ってきました!
朝から晩までみっちりスケジュールだったので、なかなか更新できず。
インスタグラムで撮った写真の中から、切り取ったニューヨークの写真をいくつか◎

5thavenuenyc1-550x343.jpg 

マンハッタンを南北に縦断する、5番街(Fifth Avenue フィフス・アヴェニュー)。
ニューヨーク初日は、5番街のアップルストアへ!ガラス製の建築が美しい「キューブ」で
アップル製品を新調しました。今年に入ってからwifi機能が停止してフリーズする等、
不具合があったiPhone4s。2年半使ったということで寿命かな、と思い iPod touch にチェンジ◎
ipod.jpg 
32GBのブルーにしました♪ リストストラップがついているので、頻繁にiPhoneを
落としてしまっていた私にも安心。。置き忘れ対策にもいいですね。ありがたや。。
電話は別で持っているので、iPodにするか、iPad mini にするかかなり迷いましたが、
私はやっぱりこの手のひらサイズが好きだし、なんといっても軽い!カメラの画質もUPしました♪

スウェーデンに比べると断然オトクなアップル製品。USA生まれだし。
そして全体的に物価が・・・安い!カフェも洋服も、とにかく全てが安い
(スウェーデンの物価が高すぎなんだな…) ので、お財布のヒモがゆるみまくりでした。

 

もうひとつ感じたのは、「オーガニック」商品の多さ。
アメリカンといえば、ファーストフードでふとっちょなイメージでしたが、
ニューヨーカーは特別で、お洒落でスタイルがよくて超健康志向!だそう。

カフェやレストランにも「オーガニック」「グルテンフリー」の文字が並び、
Whole Foods Market」(ホールフーズマーケット)というオーガニックなスーパーが
住んでいた場所の近くにあったので、毎日のように通っていました。
食品やお菓子、シャンプー、化粧品、自然派ナチュラルスーパーマーケット。
粉ものなど大量買いしてスウェーデンに送りたいくらいでしたが、スーツケースに収まるギリギリに頑張りました。
ロンドンにもあるようなので、是非スウェーデンにも進出して欲しいなと思います。

   

タイムズスクエア。街中の色と音とアートに、刺激をもらいました。
渋谷のスクランブル交差点に行くと、田舎育ちからすると、おぉー東京!とザワメキを感じますが、
タイムズスクエアは桁ハズレに大きかったです。。。なんでこんなに、と笑ってしまうくらい
巨大スクリーンが並んで、でもぱぁーっと見渡せる広い空間は残されており、清々しい気分でした。
15年前は巨大カップヌードルの看板(から本当に煙が出てるようにみえる)があったのに、
全て広告がスクリーンに変わってしまっていたのは少し寂しい。
広告の音や声、騒音は渋谷の方が激しくて、ニューヨークは音は落ち着いていてずっといれそうでした。

 

マンハッタンの中心にある、MoMA。もまもま。
現代美術館。今回はここで行うハンネスの兄の仕事を見にきたのもひとつの理由。
ゴッホの ぐるぐる夜景。 ”スターリーナイト” を観てきました。
37歳で死を遂げたゴッホが亡くなる前の年に描かれた作品。
世界で高い評価を受け、人を惹き付ける多数の作品を生み出していたゴッホの人生とは。

中学中退、仕事も何度か解雇され、年上の彼女の自殺、生涯弟の仕送りで生活していたゴッホ、
絵のモデルを妊娠させ、宗教に熱心になり、弟の家に居候、娼婦との間に子供ができ、
アル中、精神病院に入り、キレて自分の耳を切り、最後は弟との口論中に銃で自殺。
生前に売れた絵は一枚だけ。
という壮絶すぎる人生。。。
アーティスト程に報われない職業はないのではないか。。
 

といいつつ人間がまだ認知していないものがあって、それを追求したくなる芸術の道。。
幼馴染みと久しぶりに再会し、彼女の母校であるジュリアード音楽院に行ってきました。
久しぶりの再会の感動や昔話。ジュリアードツアー。素晴らしい音楽環境でした。
  


   

ブロードウェイ、ワールドトレードセンター、エンパイアステートビルディング、
カップケーキのマグノリアベーカリー、ブランドのセカンドハンドのお店、
自由の女神、日本人経営のヘアサロン、リトルジャパン、コリアンストリート、、、

たった1週間でしたが、充実したニューヨークが楽しめました。
とりあえず。
感謝!
最後に小鳥ボタンをぽちっとクリックお願いします。
RANKING_20131216220032f7e.jpg

テーマ:アメリカ旅行
ジャンル:旅行

タグ:ニューヨーク インスタグラム 旅行 アメリカ タイムズスクエア ゴッホ スターリーナイト MoMA ジュリアード

TOP

07 | 2017/08 | 09
SUN Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Paper Swan (feat.Sayuri Hayashi, Klara Leanderson Andréas & Maria Dietrichson)


welcome.jpg RANKING_20131216220032f7e.jpg DIY.jpg instagram.jpg
新着記事

カテゴリ

LINK

検索



オススメ北欧BOOK

オススメ北欧MUSIC

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。