--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOP
2014.05.28 23:18|ミュージカル・演劇
 
1ヶ月程前のことになりますが、会社(学校)主催の、同僚達とディナーでした。
花金ストックホルムの夜は一気に人が増えます。この日は仕事の後、クングスガータンにある
ショーを見ながらディナーを楽しむレストラン「GOLDEN HITS
」へ。
クングスガータンには、布屋さんや映画館があるので時々訪れるのですが、
こんなお店があるとは知らなかった〜

ヒョートリエットで、おめかしした同僚達と待ち合わせ。
働いている先生はほぼ女性ばかりなので、ファッショントークで一花咲きます。笑

IMG_4407.jpg

うちの学校、働いている先生が頻繁に変わることと、語学の先生で週1だけ来ている〜
先生もいるので、初めて見る方もチラホラ。
けれど上司後輩などの上下関係は全くない職場なので、挨拶周りする必要なし。
みんなそれぞれの好きな席につき、遠くの先生には手をふったりするのみ。
誰かの挨拶〜とか、乾杯とかもなしなので、楽チンですが、全員と交流はできないな〜。

IMG_4405.jpg

6時から開始ということでハラペコで行ったのに、オリーブとクラッカーがあるだけで、


ディナーショーが始まりました。な、長い!!
(おつまみ系)、ショー(30分)、前菜(1時間)、ショー(30分)、メイン料理(1時間)、
ショー(30分)、デザート(1時間)、ショー(30分)、コーヒー、ラストショー、そしてダンスタイム…

前菜開始がすでに8時で、皆で腹減ったぞー!とハラペコな我ら、プリプリ。
 (間のショーが長かったー。帰宅時はなんと12時に…。。笑)

IMG_4398.jpg
▲何度も登場する、プレスリー!! (?)

ショーは60〜70年代の懐メロ?が多く・・・、客層的も一世代上のお客様が多いため、
毎回ピューーーーっと歓声があがり、盛り上がっていました。
しかしうちの学校は20〜30代の先生が多く、お国も多種多様な私達なので、ぽかん・・・

IMG_4389.jpg

ゴットランド島出張で同じ研修グループになり、仲良くなったロシア、ウクライナ出身の先生達と一緒に。
しかも仲良しな中国人の先生、日本人の先生と近い席になり、みんなでショーにつっこみを入れまくり。
みんな以外と毒舌やから面白い〜。笑
特に日本人の同僚とは普段から仲良くしているので、
日本語で、プレスリーっていうか●●に似てない?とか、めっちゃ肉固いんやけど。と
幾度とつっこみを入れれるのが心地よかったです。笑

IMG_4429.jpg

IMG_4406.jpg

ずーーーっと、懐メロみたいな、完全に年代上で分からん曲が流れてたのに、
最後はAvicii や Rihannaリミックスとかが流れ出して、こんな感じに〜。笑
お〜、みんな踊っとる踊っとる。
おばあちゃんおじいちゃんのカップルも、DJの選曲で超盛り上がっている。

さすがやな、スウェーデン。 私達はその様子を遠目で観察しながらデザート。

IMG_4400.jpg

クラブミュージックが流れると踊りだしていなくなった同僚達もいたり、
いつの間にか消えている人がいたり、個人帰宅?な雰囲気だったので、
私達はクラブムードになりだした12時を境目に抜け出してきました。笑

それにしても学校主催の親睦会?がショーディナー、そしてクラブ、ダンスに発展するとは。。
(なんか、、、教育者としていいのでしょうか。。。笑)
後日校長と話したら、校長としてはなんでもいいらしく、今度は君が決めてくれ〜と言われたので、
どうせならバレエとか演劇とか、もうちょっと文化や歴史を学べるような? (というと偏見に聞こえますが…)
面白そうなイベントに行かせてもらおうかな〜と思いました★


感謝!
最後に小鳥をぽちっとクリックお願いします☆
RANKING_20131216220032f7e.jpg
スポンサーサイト

テーマ:北欧
ジャンル:海外情報

タグ:スウェーデン ストックホルム ショー ディナー クラブ レストラン ゴールデンヒッツ

TOP
2013.12.07 03:09|ミュージカル・演劇

こんにちは!
ストックホルムもついに今日・・・雪が降りました!
帰宅中は吹雪き始めていたので、週末にかけて道も真っ白になりそうな予感…
雪国育ちなので、もちろん多少はワクワクもしますが、すぐ現実に戻り「いやーー!!」と言っていると、
「やった!!!ついに雪ふったね!!超きれい!」と目をキラキラさせながら帰宅して来た相方・・・
学校の生徒達もキャーキャー喜んでいました。そうか・・・
これから毎日起こるであろう、交通渋滞やバス・電車の遅延と戦う覚悟を決めて、
私もポジティブにとらえます!!笑

さて、先週のことになりますが、
THATER
 PERO (シアターペロ) によるクリスマスシアターのプレミアに招待してもらいました♩
今年の夏に日本での大阪公演を観て以来だったので、「あ!サヨーリ、大阪ぶりだね!」という人も。
12月1日の初演ということで、一気に、あぁ、もうすぐクリスマス!と実感がわきました。

1465303_742332825781931_1525787848_n.jpg
▲めちゃくちゃ喜劇。JAZZや楽しい音楽に合わせてショートコント?のようなクリスマスのストーリーが楽しめます♡

1465303_742332825781931_1525787848_n.jpg
▲音楽にあわせて台詞あわせの様子。ベースのユーフォとメロディーのトランペットだけ!なのにすごくポップで可愛い音楽!

5歳くらいの子供もいれば、小中学生、私達世代、お年寄りカップル、など
いろんな人がいましたが、みんなが共通して笑えるエピソードがたっぷりでした!
子供もいるので、言葉がそんなに分からなくても楽しめるようになっています^^

1465303_742332825781931_1525787848_n.jpg

クリスマス12月19日まで、平日 9:30- 10:50-  (月曜日休み)、
土日は 13:00- 15:00- 、2回公演ずつ公演しています◎
場所は、ストックホルム市立図書館
(Stockholms stadsbibliotek)の正面の劇場です。
楽しいひと時になると思うので、是非!^^

もっと知りたい方はHPへ (クリックで飛びます♩)

感謝!

2つランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします◎^^↓

ランキングボタン
   Peppar!2.jpg

テーマ:北欧
ジャンル:海外情報

タグ:スウェーデン 北欧 ストックホルム クリスマス イベント シアター

TOP
2013.11.22 23:32|ミュージカル・演劇

こんにちは!
昨夜
The Boy with Tape on His Faceのパフォーマンスを観に、
 Södra Teatern (セーデルテアーテン・劇場)行ってきました◎^^

storascen.jpg 

スウェーデン語で「Teatern (テアーテン)」とは、演劇・シアター
ストックホルムには至る所にいくつも劇場があり、演劇が身近に行われています。
誰でも気軽に入れるプライス!映画を観る感覚で楽しめます◎
音楽を使った、ミュージカル・音楽劇風、いわゆるオペレッタ的なものから
コンサートやライブ、サーカス等のパフォーマンスがあります。

さて、仕事を終えたー!あと一日頑張れば3連休♡と木曜日、早めに帰宅していると…
「劇場のシート予約してたの、今夜だった!早めに帰るようにする!」と彼から電話。
なんのこっちゃ。
シアターPEROで俳優をしてるウッフェがチケットを購入してくれており、
どんな劇か何も知らず、急きょ初めて、セーデルマルムにある劇場へ!
 

いやーーーー、もう隠しきれないので吐き出してしまいますが、
ほんっっとに面白かったです。
声出して笑って、70分間笑いすぎて久しぶりに涙出てしまいました。

THE_BOY_WITH_TAPE_ON_HIS_FACE_4072D-1024x681.jpg

あのテンポと、キャラクターと、チープ感と効果音と、もう何から何まで完璧!
観客を巻き込んで完成するパフォーマンスなので、いちいち舞台から降りて来て
指名され連れてかれ、舞台上で何も知らない人たちが、何かされる!
観客は、いつ自分が連れてかれるかドキドキ・・・!!
舞台上で何が起こるのか全く予想できず、ドキドキ・・・・!
音楽に完璧に合った計算された動き、70分間、あとあと考えればすごい。
こういう笑いは大好きだなと思いました◎日本人ウケも絶対いいはず!

「口にテープを貼った男」というだけに、もちろん一言も喋らない!
すべて動きと、目!!!そう、アイコンタクト力が半端ない!!
ブラックジョークや皮肉った(私の苦手な)笑いがなく、言葉の壁もないので、
世界で通用するツボを押さえてるな〜・・・と思いました。
もともとはロンドンでストリートパフォーマンスをやっていたそう。それが今や世界中、
たったひとりで歴史ある劇場の舞台で、靴下やメジャーやピンポン玉やらつかって、
こんだけのお客さん笑わせてるんだからすごい。。。笑

youtube等にも動画があるので、気になる方は是非チェックしてみてください◎
ライブはもう秒刻みで、小ネタ盛りだくさんで、もっと面白かったです♩


劇のあとに、皆で徒歩3分、近くの「ゴンドレン」へ。
ストックホルムの夜景が見渡せる高いところにあるレストラン&バーです◎
1454883_746863708662176_1543769498_n.jpg 943017_746863735328840_2027326001_n.jpg
次の日は早いので、ノンアルコールのドリンク。
ストロベリー・マンゴー・グレープフルーツの、なんとか。
たった50krでちょっぴり贅沢な夜を楽しめることができました♥

感謝!
2つランキングに参加しています。ぽちっとお願いします♩^^↓
ランキングボタン
   Peppar!2.jpg

テーマ:北欧
ジャンル:海外情報

タグ:スウェーデン ストックホルム シアター The Boy with Tape on His Face

TOP
2013.01.09 20:28|ミュージカル・演劇

先日、知人を観に、皆でストックホルムの小さな劇場を訪れました。
女の子

セーデルマルムヨーテガータンの「Boulevardteatern」という劇場です。
子供向けのシアターが多く、エントランスも可愛い!
http://www.boulevardteatern.se/



LILLA SPOKET LABAN(リッラ すぱあーけっと ラーバン)=小さなお化けのラーバン
という、絵本をもとにした子供向けの演劇でした。3歳から入場OK★
俳優業の知人は、お化けのラーバンのパパ役です。

labara.jpg


日曜の午前中ですが、可愛い子供達とパパママで席はいっぱい!
満席だったため特別に、音響さんたちの席の横の方に座ってみました。
子供向けなので、私にも理解できるシンプルなスウェーデン語♡

labana2.jpg

スウェーデンの子供達。上映中に、
「Lycka till Laban! (がんばれー)」とか「NEEJ!! (そっちじゃなーい!)」等、合いの手が上手。
音楽が鳴りだすと、席を立ってノリノリで踊っている子がいたりして、楽しかったです。
そしてそれを止めない両親や、笑顔で見つめる関係者にも、なんだかほんわかしました。笑


ラーバン



さてここで・・・
Laban(おばけのラーバン)について!

スウェーデンの作家、インゲル&ラッセ・サンドべリ(ご夫婦!)
によって描かれる、おばけ家族の絵本のキャラクター。
ラーバンはとても怖がりだけど優しい、おばけの子供。
ラーバンの家族の心温まる絵本シリーズは日本でも愛されています♡

インゲルとラッセ・サンドベリ

1960年始めからインゲルとラッセ・サンドベリさんは、スウェーデンの世界児童文学界における中心的存在で、最優秀児童文学賞と称されるElsa Beskow賞を始め、アメリカ児童文学協会最優秀賞など数多くの賞を受賞しています。物語を創造するインゲルさんは中学校の教師、ユニークなタッチで描画をするラッセルさんは新聞カメラマン!だそう。

スウェーデンで、二足のわらじは当たり前。
だからこそ生まれる、新しい文化や創造力に期待できる気がする。
ラーバン、気になった人は本屋さんでチェックしてみてください♩


おばけのラーバン (世界のほんやくえほん (11))おばけのラーバン (世界のほんやくえほん (11))
(1978/09)
インゲル・サンドベルイ

商品詳細を見る
感謝!


↓  北欧スウェーデンのブログランキングに参加しています。
下のボタンを1日1回クリックして頂けると励みになります♪
    ランキングボタン     Peppar!2.jpg


テーマ:北欧
ジャンル:海外情報

タグ:スウェーデン ストックホルム セーデルマルム ヨーテガータン 音楽 シアター 演劇 北欧 お化けのラーバン

TOP
2012.04.05 22:33|ミュージカル・演劇



♪    ♪2   ♪3   ♪4  ♪   ♪2   ♪3   ♪4  ♪    ♪2   ♪3   ♪4  ♪   ♪2   ♪3   ♪4  



4月1日16時~ Stockholm Konserthuset にて「15 år som kulturskola !」
カルチュラルスクーラの15周年記念コンサートに行きました。


DSC03006.jpg
 


カルチュラルスクーランとは、ストックホルム市内のカルチャースクールのことで、
この日はストックホルム中央駅近くの水色のコンサートホールで、15周年記念イベントコンサートでした。

実はいつもお世話になっているマリーママは、このスクールの音楽&ミュージカル講師。
ということで、ハンネスとフィーアとパパ、ファミリーみんなで応援に(・ω・) ぞろぞろ。


kultur15.jpg

music05w_20120405220522.gif


ポップスバレエ、ラテン系アコーディオンとダンス、ビックバンド、ジャズオーケストラ、100人ギター、
スーパーマリオ室内楽、ワールドミュージック、などなど面白い音楽づくし3時間!(。・ω・)ノ゙


DSC03019_20120405214826.jpg


 ストックホルム市内のカルチャースクールに通う小学生~大人まで。
中高生が多く感じましたが、すごっく小さな女の子がオケの一員だったり、ダンスをしてたり。
年齢に関係なく大勢の人達の一員になって、ひとつのパフォーマンスを作り上げるって、
子供にとってはとても経験だろうなぁと感じていました。

学校の部活のような同世代の友人間、大人の講師は学校内の教師ひとり、という小さな世界でなく。
自分の好きなことが、似た感覚を持つ同世代や大人の人達と、プロの講師から学べる、もう少し広い世界。
そこでは子供だから、と制限されることもないけれど、甘やかされることもないかも。


好きなことや目標は、みんな一緒。
うーん、このシステム、魅力的です。( ̄× ̄)


こういう教育やと、教える側と教えられる側の、ヘンな上下関係や、情報の矛盾は減るかもな、と思う。

(うちの学校でも、レッスン・授業中に生徒から先生にガンガン、モノ申してる。最初はその態度や話し方、
何から何までビックリしたけど、先生も対等に話してる。たまに負ける(笑)  ほんとにいつも、それが普通。)


DSC03025.jpg
 


100人ギター!!の図は圧巻!( ̄◇ ̄)
でも初心者軍団みたいで、100人もいるのに、あれ、あんまり音が聴こえない・・・?笑


音楽には映像も欠かせない。コンサート中、ステージ上の大きなスクリーン も使っていました。
(これも映像制作の生徒さん達の作品。スーパーマリオ室内楽の時は、ゲームのマリオをアレンジした映像でした♪)
本当に、クラシック、ジャズ、ダンスバンド、インドやタイの伝統音楽など、ミックスジャンル。
バレエやダンスや演劇、映像などの舞台芸術とともに。
途中のMCは、ホール内全体を使って、衣装を変えてのコメディアンのような4人で、
テレビ番組みたいでした。(こちらはトーク・演劇の生徒さん方)

ジャンルが混ざった、一時も飽きないコンサート。
とても楽しいコンサートに招待して頂き、勉強になりました!

感謝!(・ω・)

                             ↓ ランキングボタンです。ワンクリックでブログの応援もどうぞお願いします・・・♪              
   にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ


♪    ♪2   ♪3   ♪4  ♪   ♪2   ♪3   ♪4  ♪    ♪2   ♪3   ♪4  ♪   ♪2   ♪3   ♪4  


テーマ:音楽
ジャンル:音楽

タグ:スウェーデン 北欧 ストックホルム 音楽 コンサート 舞台芸術 音楽教育 イベント

TOP

05 | 2017/06 | 07
SUN Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Paper Swan (feat.Sayuri Hayashi, Klara Leanderson Andréas & Maria Dietrichson)


welcome.jpg RANKING_20131216220032f7e.jpg DIY.jpg instagram.jpg
新着記事

カテゴリ

LINK

検索



オススメ北欧BOOK

オススメ北欧MUSIC

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。