--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOP
2014.01.17 23:42|イタリア

年末のイタリア旅行で買ったもの。
 DSC06260.jpg

ピノキオの鉛筆。
ピノキオってイタリア出身だったらしい。
(イタリアの作家・カルロ・コッローディ児童文学作品。
赤・グリーン・白。イタリアンカラーの色合わせってお洒落やな〜
フィレンツェにはピノキオグッズが色々売っていたのですが、
これは文房具屋さんで買いました。木の質感と表情が可愛い〜♩お土産によさそう。
けど自分の。

DSC06263.jpg 

続いて、アルジェンティーナ遺跡の猫保護センターで買った手作り雑貨。
石に綺麗にペイントされたペーパーウェイトと、マグネット。

DSC06252.jpg

角度によって猫の雰囲気が変わる!この猫が日本の実家の猫・こまちに似ており、
一目で惹かれました♡石にペイントってアイディアも素敵ですよね。私もやってみたい。

DSC06254.jpgDSC06255.jpg

そして、定番の「星の王子さま・イタリア語」★
もともとフランスの絵本なのですが、世界中の本屋さんに現地の言語で置いてあるので、
私、旅先では必ず探してあったら買っている大好きな本です◎これで計6冊目〜☆

DSC06249.jpg

ローマ中央駅内のスーパーで買った、食べ物たち!
パスタとトマトソース、どこのレストランにもピーチ味ジュースがあったので
ピーチジャム、チップスとクッキーのお菓子、ホテルの朝食で美味しかったクッキー風のパン等。

DSC06245_20140118005901130.jpg

そして最後に、コチラがお気に入りの自分へのお土産◎
フィレンツェで、細い裏通りを通ったときにたまたま見つけたお店。
¨giulia materia¨ というデザイン雑貨のお店で、その場で作ってもらったオーダーメイドノートです。

DSC06246_20140118005858d1e.jpg

たまたま駅に向かうまでの通りで、小さな入り口だけど、なんか素敵なお店を発見。
足を踏み入れたところ・・・うぉ、めっちゃ私好みのカラー・デザイン!

giulia materia4
▲¨giulia materia¨ の店内の様子。店内はとても広いです。布を使った小物もありました。

様々なデザインの布が製本された、サイズの本がズラリと並ぶのですが、
よくみると、どれも布ではない・・・?本の表面の素材がひとつひとつ微妙に違うのです。
これだけ揃っていると、どれか欲しくなる!と、もう買う気でまじまじと見ていると、
お店のお兄さん(職人さんで店長さんで販売員)が話しかけてくれました。

素材は、すべて「壁紙」をつかっているんだよ。
壁紙だからひとつひとつ素材も違うし、出てくる柄も違ってくる、
もしよかったら背表紙のカラー・好きな壁紙を選んで今作ることもできるよ!

とのこと。そしてどこ出身?と聞かれ、
「日本」「スウェーデン」と答えると、
「OH〜!I know in japanese..... KABEGAMI!!」とイタリアンなイケメンお兄さんがにっこり。
世界中の自分が気に入ったデザインの「壁紙」の会社にコンタクトしたので、
KABEGAMIという言葉だけ知っているそうです。
相方に、スウェーデン語も教えてと聞いててメモしていました。笑

ちなみに今使っているのはドイツやイタリアが主流だけど、和風デザインの壁紙も使いたい、
でもブランドで使えないものが多いんだ、とのこと。私がマリメッコのお財布でお金を払う時も、
「あ。marimekko!!ボクも大好きなんだけど、著作権で使えないんだよね、」とのこと。
メモ、B5,A4,とサイズも豊富、中身も白紙、横線、手帳、点、方眼紙、と対応していたので、
今後ぜひ北欧や日本のインテリア会社とコラボして、オーダーメイド作品が出て欲しいな〜と思いました。

◎私は中身、白紙をチョイス。背表紙はコバルトブルー、ゴムはグレーにしました。
f_2014011800481381a.jpg

特別な器具を使って金具をつけたり、刷毛を使ってノートと表紙を水ノリで張り合わせていくところ、
会話をしながら自分が選んだオリジナルのノートが出来上がっていく行程を間近で見てると、
より一層、愛着が湧くー!とワクワク度が。なんか、お店だけどBGMが流れてなかったので、
しんとした中で作られいてる音ともいいなぁと思いました。

ちなみに、革と紙を使った製本装丁は、フィレンツェ伝統工芸だそう。

今風にアレンジしたものを目指している、伝統は若者が残していかなければね、と
柔らかい表情で熱く語ってくれました。デザイン学校で知り合った彼女と立ち上げたお店で、
ハンドメイド雑貨はデザイナーの彼女が作っているそう。ショップ情報はコチラ。

「職人工芸」の都といわれるフィレンツェは、街を歩けば工房や職人さんが営む
オーダーメイドのお店があるようです。ローマからの日帰りで1日しか時間がなかったのですが、
穴場がたくさんありそうなので、いつかまたぶらぶら街歩きをしてみたいな〜と思いました。

ちなみに作ってもらったノートはまだ使っていません。
アイディアノートにしようか、スケッチノートにしようか、検討中…♩



感謝!
最後に小鳥をぽちっとクリックお願いします♩
RANKING_20131216220032f7e.jpg
スポンサーサイト

テーマ:イタリア
ジャンル:海外情報

タグ:イタリア 製本 装丁 フィレンツェ 伝統工芸 オーダーメイド ノート giuliamateria

TOP
2014.01.11 09:30|イタリア

2013年12月29日、イタリア旅行の中での話。

ローマの旧市街中心部にある、トッレ・アルジェンティーナ広場(Largo di Torre Argentina)という遺跡
ローマ最終日、午前中に「真実の口」でローマの休日気分を味わった後、(定番でパシャリ。笑)
そこから徒歩で行ける距離だということで、行ってみることに。真実の口

ちなみに真実の口、旅行者の列30分程待ちましたが、真後ろに並んでいた方が日本人の方々で撮ってもらいました◎
長蛇の列なのでスピードよく撮影しなければいけないんですが、たまたまその方、昔写真屋で働いてたんです!とのこと、
スピードよく「はい、ココの上みてくださいね〜」「続いて〜3-2-1-はい!」
と慣れた感じで撮影してくださりました!やっぱり旅先では日本人同士で撮りあうに限る。ありがとうございました!


さて、地図でみると徒歩はけっこう遠いんかな〜と心配しましたが、
ローマ旧市街地は、見渡す限り美しいのであっという間でした。この歴史ある建物の数々!!
ストックホルムに住んでるにもかかわらず「ヨーロッパ映画みたい!」と始終コーフン。笑

rome6.jpg rome2.jpgrome.jpg rome5.jpg

そして遺跡が近づいて来ると、、、
ほろほろとたちが姿を表し、さらに興奮!遺跡とネコという素晴らしい組み合わせです★

rome16.jpg

この日はちょっと小雨だったので、外でじっとしているたち。
どーも後々のネット情報によると、この遺跡に会えるスポットとして有名だそう。
遺跡内は人間立ち入り禁止になっているので、まさにが集まるの都!

遺跡はど真ん中が低くなっていて、(自然と動物園のようになっている)、ぐるりと一周してみると
「WELCOME!」というの看板が。行ってみようということで、階段を降りてみると・・・!

ドアは開けっ放しで、猫がいっぱい!!!外は寒いので、今日はみんなこちらにいたんやね〜。

猫

rome13.jpg rome11.jpg

ぐるぐる・・・とのどを鳴らしながらベッドで幸せそうに眠る猫たち。
ごはんもたくさんあって、人が来ても気にせずにばくばく食べてる猫たち。
このたくさんの猫たちがノラ猫!?一体ココはなんなんや!?と、
ただただ、猫が幸せそうにしている姿をみると、こちらも嬉しくなるばかり。

よく見ると、足が三本しかなくて、ヒョコヒョコ歩いている猫ちゃん。
でも近づいてきて、そっとなでてあげるとじっとしています。
でも、中には近寄るとあからさまに逃げていく猫や、何度も他の猫にシャーっと吠えている凶暴な猫もいました。

rome12.jpg rome8.jpg

中に進むと、猫のおもちゃがたくさんあって、誰でも猫と遊べるみたい。猫カフェ風?

rome9.jpg rome10.jpg

実はここ、猫の保護・里親センターでした。

猫2

ここ『Torre Argentina』に居る猫のほとんどは捨てられた猫で、現在全部で約300匹。
中には虐待されたり、交通事故に遭ったりしてハンディキャップを背負っている猫も多いそうです。
ここでは、必要なメディケーションの他、猫へワクチンを接種、そして去勢手術をし、
新しい里親を探すという事をしています。奥には病気の猫のための獣医さんも控えているそう。

私も実家にちょー可愛い猫がふたりいます。親バカです。ふたりともノラでした。
さっそく猫好きの母 (毎月猫雑誌を2冊購入して勉強する、もはや猫ハカセ) に伝えると、
「あ、それTVで見たことあるわ!!ローマは猫を大切に・・・」(以下、母の知識から説明)

ローマは猫を大切にしていて、2003年に猫を生きた文化遺産と認定したそう。
しかもなんと!猫達はローマ市の市民権を持っているそうです◎いち市民なんですね。
さらに、イタリア全土においては、収容施設の犬猫を殺すことは法律で禁止されています。
猫がこんなにも幸せに暮らせる国、感動というか驚愕というか、ローマが大好きになりました。
同じ世界で、こういう国もあるんだ・・・と。

まさかの足止め(笑)をくらい、たくさんの猫たちに囲まれ、ここがローマということを忘れ
幸せにひたりながら遊んでいた私たち、しばらくすると、訪れてきた、旅行者っぽい家族。
ん?聞き覚えあるぞ?と思うと、なんとスウェーデン語。スウェーデンからの家族でした。

娘たちふたりは猫と遊び、両親達はセンターの人達に熱心に話を聞いている様子。
わたしたちも一緒になって背後からシステム内容を聞いていると、

「ディスタンス(遠距離)での支援もあり、世界中にこのこたちの里親がいるのよ。」

なんでも、里親とは家に連れて帰るだけでなく、仕送り形式?の人もいるそう。
例えばアメリカに住んでいて、でもうちの猫、ローマに一人暮らししているのよ〜という感じです。
月に何ユーロからと送り、里親になることができます。猫はみんなに名前がついています。とのこと。

優しそうなパパとママ、楽しそうに猫と遊ぶ娘さん達(またこの子達がすごく可愛い)を呼び、
スウェーデン語で説明。「どの子がいい?」と聞こえたので、里親になることを決めた様子!

結局、耳の聞こえない子猫を選び、支援することに決めたそうで、パパママは手続きへ。
娘さん達は、この子が今日から私達の猫ちゃん!と嬉しそうに話しかけ、耳の聞こえない猫ちゃんに
そぉーっと近づこうとしていました。私も、耳の聞こえない猫と出会うのは初めてだったのですが、
聞こえないけれど、気配は感じるようで、猫のおもちゃを近づけると、ちょっとよろつきながらも遊びたい!
って気持ちが伝わってきて、焦ってコケる。でも、なでようと手を近づけると、一歩ずつ下がってしまう。
まだ小さいのに何か事故にあったのか、生まれつきなのか、分からないけど、
スウェーデンという外国だけど、里親が決まってよかったね、とジーンとしました。

私達がいる間に日本人旅行者のカップルもいて、
センターの寄付になる猫グッズを購入していました。
もしや観光スポットだった?


里親探しだけでなく、こんな風にオープンにして、旅行者として世界中から訪れた人達が
猫とふれあうことで、こういう活動を知ってもらうことが目的のようです。

イタリアにいながら、たまたまスウェーデン家族と日本人のあたたかさを感じて、
ほっこりしました。


アルジェンティーナのHPはこちら。
http://www.romancats.com/index_eng.php
OPEN 12:00 ~18:00(年中無休)

猫3
ハンドメイドの猫グッズも販売していて、売り上げがセンターへの寄付に繋がります。
石に猫を描いた作品がとても可愛く、うちの猫に似ていたので、これとマグネットを購入しました♡

スウェーデン家族のストーリーも含め、ふらりと立ち寄っただけだけど、
ローマで一番思い出深い場所になりました。1時間も滞在してしまいました。笑

日本国内での殺処分数は、犬は年間約5万頭、猫は約14万頭である(2011年度 wikipedia参照)
たまにweb上でみかける動物のガス殺処分や残酷な動画に、目を背けたくなりますが、まずは知ることからです。
ペットブーム!と可愛らしくふるまう裏にある、恐ろしい事実。
純血種の猫を作るために、量産され、売れ残ったら殺される。
http://www.koinuno-heya.com/syobun/

ちなみにスウェーデンも、調べてみたら殺処分ゼロの国でした。
他にもドイツ等、ヨーロッパは日本・アメリカに比べものになりません。
今回は猫に関してなので、長くなってしまいました!
ローマに行かれた際は、ぜひ立ち寄ってみてください★

こんな私ですが、ブログを応援してくださっている方、本当にありがとうございます。
おかげさまで北欧ライフスタイルブログランキングで1位を頂いています!
近々、デザイン関係・北欧情報のブログランキングに引っ越しするかもしれません♩

テーマ:イタリア
ジャンル:海外情報

タグ:ローマ トッレ・アルジェンティーナ広場 里親 遺跡 殺処分 ノラ猫 イタリア 市民権

TOP
2014.01.02 22:25|イタリア

イタリア4日目!

パンテオン はミケランジェロも「天使の設計」と賞賛したローマ建築神殿だそう。





DSC06230.jpg 

そんなパンテオン目の前にあったジェラード屋さん。

アイス 

DSC06231.jpg
 DSC06233.jpg 

ローマにはそこらじゅうにイタリア本場のジェラード屋さんが!
パンテオン周辺だけでも3,4件みかけます。アイス好きの私にはたまらん国!

2種類のフレーバーで、2.5ユーロ。
やはりスウェーデンの物価と比べてしまうので、何もかもが安く感じます・・・!
40種類ほどの味があったので、迷ったあげく、
マンゴーとストロベリーヨーグルト。

アイス ふく 

この日のローマは15度!ということで、カシミア入りのコートだとあたたかすぎるくらい、
だったので、ヒートテックを中に着て、長袖ワンピースだけで歩くこともありました。
クリスマスに貰ったリュックと首下げiPhoneケースが早速大活躍♩
私、めちゃくちゃ写真を撮るので、旅には手ぶらなリュックが便利です!

カメラ 

こちらは、3日目フィレンツェでの、ジェラード屋さん。

DSC06197.jpg DSC06195_20140103220718d71.jpg DSC06196_20140103220718685.jpg 
PONTEVECCHIO(ポンテベッキオ) 橋のすぐほとりにある、カフェ・ポンテベッキオというお店でした。
ここでは「レモン×ラズベリー」「ココナッツ×チョコレート」という王道アイス2つをいただきました!
二人旅だと、いろいろ味見ができるからいいですね!

アイス

イタリアメモ:
フルーツがフレッシュで、特に桃が美味しい!
カフェやレストランでも「ピーチジュース」がある!
レモンスカッシュが美味しかった!
朝はカフェラテ、夜はエスプレッソがイタリア流!
デザートのことをドルチェという!(音楽用語と同じ♩)
Tシャツとダウンコートのカップルがいた!
街中で何度もネコを発見!
最近イタリアブログになりつつありますが笑、北欧ライフランキングに参加しています。
最後に小鳥をぽちっとクリックお願いします♩
RANKING_20131216220032f7e.jpg
感謝!

テーマ:イタリア
ジャンル:海外情報

タグ:イタリア 旅行 ローマ パンテオン ジェラード フィレンツェ カフェ おすすめ 服装

TOP
2013.12.30 23:26|イタリア

GRAZIE!
グラッツェ!ありがとう

イタリア3日目。この日はローマから日帰りで、ピサ&フィレンツェへ!
ローマから特急電車で約2時間半なので、1日たっぷり満喫できましたよー◎


ホテルを6時半に出て、7時ローマ→9時半ピサ着!電車の予約は前日にネットで行いました。
ピサは駅に着いたら、ひたすらまっすぐ進む!ローマと比べてしまうと斜塔までの通りも割と静かめなので、
ホントにこの道で合ってるの・・・?と若干不安になりますが、ひたすらまっすぐ・・・!

斜塔が見えて来ると、どんどん人が増えて来て、ピサの周りは観光客で賑わっていました。
ピサの斜塔といえば、


ピサの写真を撮っているうちに、ウェディングケーキに見えてきたので・・・!

DSC06045.jpg

DSC06100.jpg

その3「ピサをチャージしました。編」

DSC06089.jpg

その4「ピサを比べてみました。編」

体全体を使って面白い写真に挑戦している人もいましたが、小道具を使うと色々遊べました♩
しかも12月28日だというのに(真冬なはず!)、この日の午前中は急に日が差して青空がバックだったので、
ピサも真っ白に反射して、とても美しかったです。

ピサは午前中ですませ、クレープで腹ごしらえをして、電車で1時間のフィレンツェへ!
天井のない美術館と言われ、街全体が世界遺産とされた、華の都フィレンツェ
こちらもすごかった・・・!続けてレポートします^^
ランキングに参加しています。最後に小鳥をぽちっとクリックお願いします♩
RANKING_20131216220032f7e.jpg
感謝!

テーマ:イタリア
ジャンル:海外情報

タグ:イタリア ローマ ピサの斜塔 面白い写真 フィレンツェ

TOP
2013.12.28 20:00|イタリア

bRAVO!
ブラーヴォ!

というわけで、イタリアローマ2日目。

本日はコロッセウムフォロ・ロマーノ、トレヴィの泉、スペイン広場、に行ってきました!
ザ・ローマ大国!を目の前にして、、、言葉が見つからない迫力。すごい。
コロッセウムは多くの血が流れ、哀くて酷いストーリーがあったんだろうなと想像しながら、
これまで映画や写真で何度も登場していたので、見たことある〜ってなるかと思っていましたが、
スケール・規模が全然違う!!!!街中に巨大な建築が!

すごい巨大。全てが、これでもかってほどに大きい。2000年前にこのクオリティはなんなんだ。
遺跡というよりは、古代ローマ時代の世界がビシビシと伝わって来る場所でした。

DSC05865.jpg

その周りのフォロ・ロマーノがすごかった。

なんかものすごい権力者がいて、「俺ってすごいだろ!!」と威圧してたんだなぁ・・・
この建物を建てるだけに一生を過ごして死んでった人が何千万人もいたんだろうなぁ・・・
2000年前に!?建てている途中に、絶対何百人って事故で亡くなってるだろうなぁ・・・
当時の建築家の頭どうなってたんだろうなぁ・・そもそも人間が作ったものと思えない。。。
とか。宇宙人や何かそんな存在の仕業じゃないかと思ってしまうほどの
あり得ない、絶対にあり得ない!!スケールの壮大さ。
やっぱり、自分の五感をしっかり使って、生で感じないと、
まだまだ知らない・分からないことばかりだな。実感しました。

いや〜。。。世界史・大の苦手だった私が、スウェーデンに帰ったらまず、
ローマ帝国について読みたいなぁと思いました。マンガか映画があるといいな◎
トレビの泉、スペイン広場は、ローマの休日で見た風景♥人がいっぱいでした!
12月なのに観光客だらけで、写真撮るのがやっと!夏は一体どうなるんでしょうか。

DSC05931.jpg 

グッチ、フェラガモ、ブルガリ、フェンディ、アルマーニ、
プラダ、ベルサーチ、フェラーリ、ドルチェ&ガッバーナ、
全てイタリア生まれ!ファッションブランドが多いイタリア知らなかった!

ローマの女性はハイセンスで、どこも石畳で歩きにくいのに、ハイヒール率が高い!
普段スウェーデンではスニーカーが多く、ヒール女性を見かけることは少ないので、なんだか新鮮です♩
ハイブランドのお店がズラリと並んでいる通りは、まだまだクリスマスモードでキラキラしていました★

DSC05964.jpg

ランキングに参加しています。最後に小鳥をぽちっとクリックお願いします♩
RANKING_20131216220032f7e.jpg
感謝!

テーマ:イタリア
ジャンル:海外情報

タグ:イタリア ローマ コロッセウム フォロ・ロマーノ ファッションブランド 旅行

TOP

09 | 2017/10 | 11
SUN Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Paper Swan (feat.Sayuri Hayashi, Klara Leanderson Andréas & Maria Dietrichson)


welcome.jpg RANKING_20131216220032f7e.jpg DIY.jpg instagram.jpg
新着記事

カテゴリ

LINK

検索



オススメ北欧BOOK

オススメ北欧MUSIC

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。